2016/09/27 19:04 ウェザーニュース

五感で感じる秋。きょう、秋を香りで感じ始めた人が急増しました。
その香り。金木犀(キンモクセイ)です。ここ数日、各地のウェザーニュース会員より、ぽつぽつと報告が届いていましたが、きょうになって増え始めました。

香ったリポート続々

「外にいるとあちこちから香ってきます。日中は夏のような蒸し暑さでしたが、この香りで秋を感じます。」

「雲行きが怪しくなりポツポツと雨が落ちました。そんな空の下で庭の金木犀が急に咲きだしています。しかし、匂いは感じない!?」

「金木犀が咲き始め、微かに甘い香りがします。」

全国調査をしてみると…

この報告を受け、全国のウェザーニュース会員のみなさんに、匂いを「感じていない」「すこし感じた」「かなり感じた」の3択で急遽調査しました。

先週も同様の調査をしていましたが、比較すると匂いを感じている人が約4割ほどに急増。

さらに都道府県別で見てみると↓

西日本から東日本の広い範囲で匂い始めているところが多数。

東北の南部、関東の北部、北陸や山陰では、匂いを感じている人が半数を超えています。

一方で、きょう雨が降った愛知県や九州南部などのエリアでは、金木犀の香りも抑えられたようです。

雨上がりは特に香りUP

今週は秋雨前線の影響でしばらくはスッキリしない空となり、傘の出番となるところも。

香りが拡散しやすい湿度が高い状態が続きます。

特に雨上がりなどは行き帰りの道端で、金木犀の香りを感じられそうです。

ウェザーニュースでは、また再度、香り調査を実施予定です!