2016/09/30 10:57 ウェザーニュース

カラッとした空気に包まれ、空気は爽やか〜。そんな今日は、空までも爽やかに!?
富山や石川など、北陸ではまるで青と白のストライプのような空が広がっている様子がウェザーリポートに続々と届いています。

「なみなみ〜
爽やかぁ(ˊ˘ˋ*)」

「変な雲」

「北の空に並ぶナミナミ雲
雲の長さが短くて、午前中はあちこちにナミナミ雲が見られます。
この様子だと、夜遅くに雨になるのかな。」

雲の名前は「波状雲」
天気下り坂のサイン

これは「波状雲」と呼ばれる雲で、主に大気の波によって発生します。大気の波によって空気が動かされ、雲が発生しやすい湿度や気温の部分にだけ雲ができます。そのため、ナミナミとした形の雲になり、「波状雲」という名の由来になっています。

そして、この雲は天気下り坂のサインと言われます。
北陸エリアでは日差しが届いていますが、秋雨前線の北上に伴い天気はゆっくり下り坂。午後は段々と雲が厚みを増して夜遅くには雨が降り出します。束の間の秋の雲画廊から目が離せません。