2016/10/01 06:24 ウェザーニュース

10月スタートは秋雨前線が北上し、西・東日本で傘の出番となります。一方、北日本では穏やかな秋空となりそうです。

西・東日本:傘の出番が継続

秋雨前線による雨雲が西・東日本に広がります。
関東では朝から雨の天気となりますが、午後ほど雨の止む時間は増えていきそうです。
また、気温がなかなか上がらず、昼間も20℃を少し上回る程度。昨日に比べて昼間もヒンヤリとするので長袖が快適です。

その他のエリアでも山沿いを中心にザーッと雨が強く降ったり、雷雨となる恐れもあります。雨が降り続くことはなさそうですが、お出かけには傘を持ちください。
気温はまだ高めで、四国や九州では30℃を超える所も。ムシッと感じるので半袖で過ごせそうです。

北日本:秋を感じる空

晴れて、引き続きカラッとした秋らしい体感となりそうです。
朝晩の冷え込みが日を追う毎に強まっているため、上着などを活用し、体感調節をしっかりと行ってください。
紅葉の色づきも進んでいるので、紅葉狩りに出かけるのも良さそうです。

南西諸島:早めに台風への備えを

湿った空気の影響で一時的にザッと雨が降る可能性はありますが、日差しがしっかりと届きます。

週明け3日(月)には、非常に強い勢力で沖縄本島・奄美諸島を直撃する恐れがあります。暴風雨など荒れた天気に警戒し、早めの対策を心がけてください。