2016/10/03 21:00 ウェザーニュース

10月がスタートしましたが、台風18号や秋雨前線が気になります。
今週の天気はどうなる?この1週間のポイントを詳しく解説します。

週前半は台風18号が襲来

各地で強い雨風に注意

台風18号は、3日(月)〜4日(火)にかけて沖縄を通過。沖縄では、外出危険な暴風や激しい雨、高波に警戒が必要です。
さらに台風周辺の湿った空気が流れ込むことにより、西・東日本の太平洋側では台風が近づく前から激しい雨となる可能性があります。

また、週前半はムシムシとした暑さも続きます。

週後半は秋の空気

衣替えの季節に

台風が日本の東海上に抜ける週後半は、大陸から乾燥した秋の高気圧がやってきます。
この高気圧に覆われる日本列島は、カラッとした空気に。同時に上空に寒気もやってくるため、朝晩の冷え込みも増す予想です。

↓エリア毎に解説

北日本

4日(火)は天気が回復しますが、北海道には寒気が流れ込み、冷たい北風が吹き付けます。

台風18号通過後は寒気が南下。このため、週前半とくらべて気温がグッとダウンします。特に標高の高い山(北海道では1,000m以上、東北北部では1,500m以上が目安)では雪が降ったり初冠雪になる可能性も。
段々と、寒さ対策準備を進めておくことをオススメします。

西・東日本

台風が接近する4日(火)〜5日(水)頃は、強い雨風に注意が必要です。
(台風18号の進路が当初よりも大回りに変化してきています。各エリアの台風の影響は、台風NEWSでご確認ください。)
また、週前半は30℃近くまで気温が上昇。ムシムシした暑さとなるため、熱中症にご注意ください。

週後半になると、カラッとした空気に包まれて秋を実感できそうです。
蒸し暑さも収まり、昼間は過ごしやすい陽気に。朝晩はヒンヤリ感じることもありそうです。
週前半と後半の体感の変化を、服装で上手に調節してください。

ただ、カラッとした陽気も束の間…週末は秋雨前線が北上し、再びスッキリしない空が広がります。

沖縄

沖縄本島や久米島では、〜4日(火)にかけて台風18号による荒天や高波に厳重な警戒が必要です。

台風が去った後、週後半は秋雨前線も北上するため、雲が多いながらも日差しが届きます。暑さも続くため、熱中症にもご注意ください。