2016/10/02 16:17 ウェザーニュース

今日の関東地方、朝は雲に覆われていましたが段々と回復し、各地で青空が広がってきました。
東京管区気象台の観測で、正午の雲量が1、すなわち”快晴”となっています。東京で快晴となるのは、9月5日の午前6時以来で約1ヶ月ぶりのことです。
秋雨前線や台風の影響で曇りや雨の日が多く、なかなかすっきりと晴れなかったことが良くわかります。

ウェザーニュース会員から届く天気の報告でも、しっかりと日差しがあることを表す”影はっきり”が大半を占め、東京の9時から12時までの3時間に届いた報告のうち、約95%が”影はっきり”です。

日差しは続かず…

ただ、明日は台風18号の影響で湿った空気が流れ込みやすく、再び雲が広がりやすくなります。
台風が抜けていく6日(木)頃までは青空が期待できないため、今日の日差しを有効に活用してください。