2016/10/03 13:32 ウェザーニュース

台風18号(チャバ※)は3日午前9時現在、那覇市の南の海上を北上しています。中心の気圧は925hPaとさらに発達。中心付近では最大風速が50m/s、瞬間的には70m/sに達すると見られます。

※チャバ:タイの言葉で「ハイビスカス」

外出危険な暴風雨に厳重警戒

沖縄本島は夕方前には台風の暴風域に入ると見られ、最も近づくのは午後9時前後になる見込みです。

特に台風が最も近くを通ると見られる久米島では、瞬間的に60m/sを超えるような猛烈な風が吹く恐れがあります。
1958年の観測開始以来、久米島で観測した最も強い風は、2007年の台風11号が通過した時の62.8m/s。
今回はこれに匹敵するかそれ以上の暴風となることも考えられるため、厳重な警戒が必要です。
夕方以降は外に出ることが危険な状況になりますので、対策は早めに行う必要があります。

また、沖縄本島でも瞬間的に40〜50m/sの暴風が吹く可能性があり、倒木や飛来物、停電などに警戒が必要です。

明日4日(火)の朝までには台風の暴風域から抜け、次第に雨や風は収まっていく見込みです。

沖縄通過後は九州方面へ

沖縄に接近後も北上を続け、5日(水)頃には進路を東へ転向。九州北部に接近し、その後は山陰沖〜北陸沖を進む恐れがあります。西日本でも暴風雨や高波に警戒。また東日本や東北でも大雨や強風、高波に注意が必要です。

エリア毎の雨風ピーク