2016/10/04 07:16 ウェザーニュース

猛烈な勢力の台風18号は深夜0時過ぎに久米島に最接近しました。久米島空港では0時49分に最大瞬間風速59.7m/s、久米島で56.8m/sの暴風を記録、那覇では2時12分に33.1m/sを観測しています。

現在の雨雲の様子

※最新の雨雲レーダーが表示されない場合は、オリジナルサイトよりご確認ください。

沖縄本島や久米島などの荒天はピークを過ぎ、午後は段々と雨風は弱まりそうです。
ただ海では引き続き波の高い状態が続くため、天気が回復しても、海岸には近づかないようにしてください。

今後の見解
明朝、九州北部に最接近

勢力を弱めながら北上

今日4日(火)は徐々に勢力を弱めながら東シナ海を北上します。日付が変わる頃から上空の強い西風、偏西風に流され東寄りに進路を変えそうです。

明日5日(水)3時には長崎市の西約290kmを中心したエリアに達し、中心気圧は955hPaと強い勢力が予想されます。その後は速度を上げながら東に進み、日本海沿岸に上陸する恐れもあります。
6日(木)の朝には本州の東の海上に抜けて、温帯低気圧に変わる見込みです。

今日の内に台風対策を

九州の太平洋側など、南東からの湿った風が吹き込むエリアでは今日4日の夜から雨の強まる所があり、台風が近づく明日5日にかけて雨、風が強まってきます。
また、明日は台風が速度を上げるため、進路に当たる地域では急に強まる雨風に警戒、早めの対策が必要です。