2016/10/04 14:35 ウェザーニュース

天気が回復し日差したっぷり降り注いでいる関東地方は朝から気温が上昇しています。
東京都心でも11時過ぎに30℃を超え、真夏日になりました。東京で10月に真夏日を記録するのは2013年10月12日以来、3年ぶりのことです。

今朝の関東は20℃前後で、”爽やか”という体感報告も多く届いていましたが、内陸部では10時前に30℃を突破。

午前11時30分現在、全国で最も気温が高い群馬県館林は32.1℃、埼玉県熊谷や東京都練馬は31.7℃まで上昇。また、福島県いわき市小名浜でも31.5℃まで上がり、10月として観測史上1位の記録に並びました

関東エリアの体感報告を見ると「ムシっと暑い」が47%、「カラッと暑い」が20%、「爽やか」が26%と蒸し暑さが優勢になっています。

熱中症にご注意を!

季節外れの暑さになっていることに加え、昨日との温度差も大きくなっています。体感の急激な変化で熱中症にならないよう、特に外で活動をする場合は適度な休憩や水分補給が必要です。