2016/10/04 15:55 ウェザーニュース

台風18号の北上や、北日本を通過した低気圧・前線の影響で、東日本上空1,500m付近には18℃以上という「夏に匹敵するような」暖かな空気が流れ込んでいます。

そこに日差しが戻ってきたことで、関東を中心としたエリアでは10月とは思えない暑さになりました。

観測史上1位の記録も

東京都心では昼過ぎに32.0℃まで気温が上昇。10月に32℃まで上がるのは1979年以来37年ぶりのことです。また、横浜は31.1℃、千葉は31.6℃など、22地点で10月として観測史上1位の記録を塗り替えています。
真夏日となった地点は、今日の全国最高の34.1℃を観測した栃木県佐野を筆頭に111を数え、今月3回目の100地点越えです。

最高気温
 東京  32.0℃
 浜松  31.1℃
 熊本  31.2℃
 鹿児島 32.1℃

観測史上1位を更新した主な地点
 小名浜(福島)31.5℃
 佐野(栃木) 34.1℃
 横浜     31.1℃
 千葉     31.6℃
 水俣(熊本) 32.9℃