2016/10/08 21:46 ウェザーニュース

この週末は体育の日を含む3連休♪ただ、連休は秋雨前線の影響で広い範囲で雨が降り、太陽もお休みモード。お出かけはいつがオススメ?

北日本

【北海道】スッキリしない3連休に

この3連休は、道北や道央ほど曇りや雨のスッキリしない日が続きます。
特に9日は北海道のすぐ北を低気圧が発達しながら通過。台風並みに発達する可能性があり、北海道や津軽海峡沿岸では風が強まります。自転車がバタバタと倒れたり、ベランダに置いているものが飛ばされるような強風になるので、十分な注意が必要です。

また、この低気圧が強い寒気を連れてくる影響で、北海道では天気の回復が遅れます。
特に日本海側ではザーッと強い雨が降ったり、アラレが降ったり、落雷の可能性も。雲の隙間に青空がのぞくこともありますが、油断せずに強風や強い雨に備えてください。

寒気が流れ込む影響で朝晩の冷え込みが厳しくなり、最低気温は1桁台となるところも。お出かけは上着が必須。暖房器具も活躍しそうです。

【東北〜西日本】

お出かけは9日午後から

9日(日)午前までは、秋雨前線の影響で雨が降りやすい空。特に近畿や東海、関東ではザーザーと強く降ることもあります。
沿岸地域では風も強いので、傘は丈夫なものが良さそうです。

9日(日)午後になると、天気は回復へ。太平洋側の地域ほどよく晴れて、カラッとした気持ちいい風を感じられそうです。
ただ、東北から山陰ではにわか雨に注意が必要です。
10日(月)も秋雨前線は日本の南に位置し、日差しが届きます。高の高いエリアでは紅葉も進みそう。紅葉狩りに行くのも良さそうです。
段々と秋の空気に入れ替わるため、昼間は過ごしやすくても朝晩はヒンヤリ。お出かけは上着が活躍しそうです。

スッキリしない空…

9日(日)からは雲が増量。10日(月)になると秋雨前線が近づいて、ザッと雨が降りやすくなります。
秋雨前線の南側となるため、まだまだ夏の空気が充満。昼間は30℃前後の日が続くので、引き続き暑さ対策を万全に行ってください。