2016/10/05 22:28 ウェザーニュース

台風18号は5日21時に、佐渡沖で温帯低気圧に変わりました。

温帯低気圧に変わっても勢力にはあまり変化はない予想です。低気圧が通過する東北や北陸を中心に5日(水)遅くから6日(木)早朝にかけて強い雨や風に警戒が必要です。

また、温帯低気圧に変わることで、むしろ強風のエリアが拡大。低気圧から伸びる前線も活発化しますので、低気圧から離れている太平洋側でも局地的に雨、風の強まる恐れがあります。

低気圧は東に抜けた後、再発達し、北日本は6日(木)いっぱい西よりの風が強く、海上は波の高い状況が続きますので、十分な注意が必要です。