2016/10/06 06:23 ウェザーニュース

今日6日(木)は、西・東日本では台風一過の晴天が広がる所が多くなりそう。ただ、北日本では傘の出番となります。

西・東日本は台風一過 カラッと青空

日本付近は一時的に西高東低の冬型の気圧配置になり、西〜東日本、東北の太平洋側では青空が広がります。

西・東日本では昨日のようなムシムシ感はなくカラッとした秋の空気。ただ、広いエリアで30℃前後となるので、半袖が活躍します。
ただ、朝晩は肌寒く感じられる可能性もあるので、羽織るものがあると安心です。

洗濯日和の所も多くなりますが、伊勢湾周辺や東北太平洋側など風が強く吹く所もあるので、洗濯物が飛ばされないようにご注意ください。東北では列車の遅れなどにも注意が必要です。

北日本は冬の気配 昨日より暖かい服装を

冬型の気圧配置になるので、北陸や北日本の日本海側では曇りや雨のスッキリしない空。風も強く吹きます。

特に寒気が強まる北海道では夜は朝より寒く感じられ、夜は山では雪になります。標高の高い峠道でも雪が積もる恐れがあるので、冬タイヤの準備が必要。
市街地でも今夜から明日の朝にかけて強風や冷え込みに注意が必要です。

昨日30℃近くまで上がった北陸でも、特に朝晩はヒンヤリとして、羽織る物が必要です。服装で上手く調節してください。