2016/10/07 06:32 ウェザーニュース

今日7日(金)も、秋晴れとなるところが多くなります。
ただ、連休中に雨をもたらす雲が西からゆっくり近づき、段々と天気は下り坂となりそうです。

また、北海道や東北では今朝は初冠雪となったところも。昼間も冬の気配を感じる寒さが続きます。

日差しの有効活用を

引き続き広いエリアで穏やかな秋晴れとなります。
ただこの晴天は長続きしないので、たまった洗濯物を片付けたり、布団を干すなど、日差しの有効活用をオススメします。

九州では段々と雲が増えて、特に午後はにわか雨の可能性があります。
中国・四国や近畿、東海でも午後は雲が広がってくるため、洗濯物は早めに済ませておくと良さそうです。
紀伊半島南部でも午後はニワカ雨の可能性があります。

暑さは昨日に比べると和らぎますが、今日も昼間は半袖や薄手のシャツで過ごせそうです。

北日本は昼間もヒンヤリ

稚内では深夜に初雪となり、38年ぶりの早さに。この時期としては強い寒気が流れ込んでいます。

昼間は段々と寒気が弱まり、雨や雪も止んでいきます。強風もピークを越えますが、冷たい風がまだ強く、昼間も寒さを感じそう。

東北でも20℃を下回る所もあり、昼間も肌寒く感じられる可能性があります。上着などで暖かくしてお出かけください。

また、今朝は北海道各地の山、東北地方でも岩手山など初冠雪となっています。

3連休は各地で傘の出番

明日からは3連休!
ただ、天気アイコンを見てみると各地で傘の出番。10日(月)は西〜東日本の広範囲で日差しが戻ってきそうです。