2016/10/07 11:42 ウェザーニュース

全国的に晴れた今朝はヒンヤリとして、北海道や東海から中国四国を中心に、今季もっとも低い気温の所が多くなりました。近畿地方や中国地方では、今季初の1ケタの気温になっている所も。秋らしい体感になってきました。
北海道では初雪(稚内)、初冠雪、東北地方・岩手山でも初冠雪が観測され、冷たい風が強く吹く朝に。こちらではいよいよ冬の足音が近づいてきています。

◆各地の最低気温(今季最低気温を記録)
札幌 8.6℃
名古屋 17.2℃
大阪 17.3℃
広島 17.5℃

冷え込みの要因は寒気と全国的な晴天

この冷え込みをもたらしているのは、上空の寒気と全国的な晴天です。
北海道の上空には、11月中旬並みの寒気が流れ込んできており、北日本では平年より早い初雪や初冠雪となっています。
さらに、ウェザーニュース会員から届いた朝7時までの報告によると、朝からの全国的な晴天は9月1日以来、約1か月ぶり。これまでは前線や台風の影響受ける日が多かったのですが、やっと大陸からの秋の高気圧が近づいて、東北から中国、四国の広いエリアで昨夜から晴れています。
この広いエリアの晴天で放射冷却が効き、寒気も影響して広いエリアで冷え込みました。

ただ、昼間は寒気が段々と去って西・東日本では汗ばむ体感。西日本では9月中旬から下旬並みの気温になって、半袖日和です。東日本でも日向では半袖で過ごせる所が多そうです。
朝晩と昼間の体感差が大きくなるので、服装でうまく調節してください。

北海道では冷たく強い風が吹き、昼間も上着が欲しくなる寒さ。風を通しにくい上着をご準備ください。

---------
参考:近畿、中国でそれぞれ今季初の1ケタの気温を観測した地点
最低気温
奈良県・針(針町) 9.6℃
広島県・大朝(北広島市)9.1℃
広島県・油木(神石高原町)9.4℃
島根県・瑞穂(邑南町)9.4℃