2016/10/07 15:21 ウェザーニュース

連休初日の明日8日(土)は、残念ながら沖縄を除くほとんどの地域で曇りや雨となります。
局地的、一時的に雨が強まったり、沿岸ほど風が強めに吹くため、お出かけには傘が欠かせません。

お出かけには傘が活躍

北海道から九州の広範囲で曇りや雨のスッキリしない空が広がります。特に、東北や東日本、西日本の日本海側では午後ほど一時的に雨の降り方が強まります。雷雨となるところもあり、お出かけには大きめの傘が活躍します。

また、北日本や北陸、関東では、沿岸付近で風がやや強めに吹きそうです。

北日本は「寒露」らしい冷え込み

届く日差しが乏しく、北日本では昼間でも20℃を下回る地域が多くなります。特に、朝晩は内陸の地域ほど10℃を下回るところがありそうです。
8日(土)は二十四節気「寒露」。暦らしい体感となるため、体調管理をしっかりと行ってください。

一方、西・東日本は、朝晩は過ごしやすくても、昼間は広範囲でジメジメとした体感に。服装で上手に調節を行ってください。

3連休のお出かけは最終日がオススメ

連休2日目の9日(日)も、曇りや雨となるところが多くなります。
連休最終日10日(月)になると、日差しが届くところも多くなるため、お出かけが楽しめそうです。

ただ、北海道や沖縄では、雨が降りやすい天気となってしまうため、お出かけやご旅行の際は傘があると安心です。