2016/10/09 06:43 ウェザーニュース

9日(日)、前線の南下に伴って北部から雨が降り出している関東エリア。前線の南側に入っている南部ではまだ雲の切れ間があって、鮮やかな朝焼けが見えています。
前線に向かって湿った暖かな空気が流れ込んでいるため、今朝の朝焼けは非常に鮮やか。まさに”燃えるような”という表現が相応しい色合いです。

日曜日の早朝にも関わらず、ウェザーリポーターから続々と報告が届き、
川崎市からは「すごい朝焼けです、風が強いです。こんな朝は滅多にありません。」
東金市からは「雨雲優勢だけれども、なかなかの迫力ある空」とのコメント。

また、神崎町からは「虹がでました」とのコメント通り、朝焼けと虹を写した幻想的なリポートをいただいています。

土砂降りの雨に注意

ただ、こんな空が見られるのも早朝のわずかな時間のみ。強い雨の前兆とも言えます。午前中は土砂降りの雨に要注意です。

▼現在の雨雲の様子
※最新の雨雲レーダーが表示されない場合は、オリジナルサイトよりご確認ください。