2016/10/10 07:19 ウェザーニュース

10日(月)6時現在、台風19号は南シナ海でほとんど停滞、台風20号は小笠原諸島近海を北西に進んでいます。

19号(アイレー)

<10日6時の情報>
大きさ    ー
強さ     ー
方向・速さ  ほとんど停滞
中心気圧   998hPa
最大風速   18m/s
最大瞬間風速 25m/s

今後の見解

台風19号(アイレー)は、南シナ海でほとんど停滞しています。今後は南西に進みながら衰弱し、熱帯低気圧に変わる予想です。

アイレー:米国の言葉で「嵐」

20号(ソングダー)

<10日6時の情報>
大きさ    ー
強さ     ー
方向・速さ  北西 20km/h
中心気圧   985hPa
最大風速   25m/s
最大瞬間風速 35m/s

今後の見解

台風20号(ソングダー)は、小笠原諸島近海を北西に進んでいます。今後は発達しながら北西に進み、11日(火)からは段々と北東に向きを変える予想。
日本に接近する可能性は低いとみています。

ソングダー:ベトナムの言葉で「北西ベトナムにある川の名前」

10月の台風発生数は平均3.6個

10月はまだフィリピン沖の海水温が高いため、平均で3.6個の台風が発生します。
例年は夏の高気圧が南に退くため、台風が北上してきても日本の南の海上を通るケースがほとんどですが、今年は高気圧が勢力を維持しており、日本に向かうルートが確保されている状況です。

今後もまだ数個程度は台風発生の可能性があり、ハイペースの台風発生が落ち着くまでは油断ができません。