2016/10/13 23:01 ウェザーニュース

13日(木)21時、フィリピンの東の海上周辺で台風21号が発生しました。中心の気圧は1000hPa、中心付近の最大風速は18m/sです。台風は徐々に発達しながら西に進み、フィリピン北部を通過して大陸方面に進む予想です。日本への影響はありません。

10月はまだフィリピン沖の海水温が高いため、平均で3.6個の台風が発生します。今後もまだ数個程度は台風発生の可能性があり、ハイペースの台風発生が落ち着くまでは油断ができません。