2016/10/13 16:22 ウェザーニュース

13日(木)15時、台風20号がアリューシャンの南で温帯低気圧に変わりました。

まだまだ油断大敵

南シナ海に、元台風19号の熱帯低気圧があります。
その更に南で新たな熱帯低気圧が発生、今後台風になる可能性があります。
さらに、日本のはるか南では、新たに熱帯低気圧が発生する可能性があるエリアも。

10月の台風発生数は平均3.6個

10月はまだフィリピン沖の海水温が高いため、平均で3.6個の台風が発生します。
例年は夏の高気圧が南に退くため、台風が北上してきても日本の南の海上を通るケースがほとんどですが、今年は高気圧が勢力を維持しており、日本に向かうルートが確保されている状況です。

今後もまだ数個程度は台風発生の可能性があり、ハイペースの台風発生が落ち着くまでは油断ができません。