2016/10/14 15:04 ウェザーニュース

今日14日(金)は高気圧が日本海から日本列島を覆っています。高気圧の中心に近い北陸から長野方面にかけては朝からスッキリと青空が広がりました。

長野県のウェザーニュース会員からは、秋晴れの青い空に映える、北アルプスの写真が多く届いています。

皆さんからのリポート

大町市からは「きれいな北アルプス」とのコメントとともに、稜線まではっきりと見える山の様子が送られてきました。

また、白馬村からは紅葉をバックにした五竜岳と、白馬三山の様子が届いています。「肌寒さはありますが、深呼吸したくなる空と空気です。」とのコメント通り、写真からもきれいな空気が伝わるようです。

同じく白馬村から午後に届いた報告でも、「綺麗な山がお目見え」とのコメントともに真っ青な空とアルプスのコラボレーションが見られています。

富山側からも…

「天気晴れ、景色最高です。(  ̄▽ ̄)ここは標高2316m、空気は冷たいですが、陽射しジリジリ、長袖二枚でも大丈夫です(^_^)アルプス連峰もクッキリです。」
長野の反対側・富山側からも、はっきりとアルプス連邦を眺めることができます。

土曜日も穏やかな陽気

紅葉狩りのチャンス♪

明日15日(土)も引き続き高気圧に覆われるため、穏やかに晴れる所が多くなります。長野県内では駒ケ岳ロープウェイや鏡池、白駒池などで紅葉が見頃となっていますので、紅葉狩りのチャンスとなりそうです。

ただ、朝晩の冷え込みがかなり厳しくなりますので、寒さ対策は忘れずにしてください。