2016/10/15 07:14 ウェザーニュース

「初点火のストーブにあたる猫(=@ω@=)のる(=@ω@=)の時期がやってきましたにゃ」

15日(土)朝は各地で冷え込んで、栃木県日光市の土呂部で-0.5℃と関東で今シーズン初の冬日を記録しています。
東京都心では11.9℃と10月下旬並の冷え込みとなっているほか、札幌4.7℃、名古屋で12.2℃、大阪で13.4℃など、929地点の中で過半数以上の「606地点」が今季最低気温となっています。(6時時点)

上空の冷たい空気+放射冷却

強く冷え込んでいる原因は、上空に秋らしい冷たい空気が流れ込んでいることと、高気圧に覆われて晴れて風が弱く、放射冷却が強く効いているためです。
ここ数日の中で最も晴れたため、強く冷え込んで、各地で今季最低気温を更新しています。

早くもカーペットON

「ホットカーペット、ポチッとな!10月に使うなんて、珍しいと思います」

白の季節

「霜来た。いよいよ白の季節が来たようです。まずは、霜。外はビリッと寒くて目が覚めます。空は快晴、風は無く、放射冷却の条件が揃っています。」

これらは今朝、ウェザーニューズ会員の皆さんからいただいたリポートです。
このように、関東ではヒーターやカーペットを使用する人が出てきていたり、北海道では霜がおりるほどのヒエヒエ空気となっています。

冷え込みは昼間の晴天のサイン

この冷え込みは、昼間の晴天のサイン。放射冷却が強く効くほど晴れており、昼間もこの晴天が続きそうです。
昼間はだんだんと上空の気温が上がって、日差しのパワーも強く、西日本では25℃を超えるところも。日向では半袖が快適に感じそうですが、朝晩と昼間の気温差が大きくなるので、調節しやすい服装でお過ごしください。
北日本でもここ数日に比べて寒さが和らぎ、昼間は過ごしやすい体感になりそうです。