2016/10/17 06:30 ウェザーニュース

台風21号が通過したフィリピンですが、このあと近づいてくる台風22号にも警戒が必要です。

台風21号、ベトナム方面へ

<17日(月)6時現在の情報>
大きさ    ー
強さ     強い
方向・速さ  西 25km/h
中心気圧   965hPa
最大風速   40m/s
最大瞬間風速 55m/s

詳しい見解

台風21号(サリカー※)は、フィリピンのルソン島を通過し、南シナ海に達しています。
今後は再び勢力を強めて、海南島からベトナム方面へ進む予想。ベトナムはすでに大雨となっている地域があるため、台風の上陸による被害の拡大が懸念されます。

※サリカー:カンボジアの言葉で「さえずる鳥」

台風22号、フィリピン方面へ

<16日(日)6時現在の情報>
大きさ    ー
強さ     強い
方向・速さ  北北西 20km/h
中心気圧   955hPa
最大風速   40m/s
最大瞬間風速 60m/s

詳しい見解

また、台風が抜けたフィリピンも油断ができません。
台風22号(ハイマー※)は発達しながら北西に進み、20日(木)頃になると「猛烈な勢力」となってルソン島の北部に接近。猛烈な暴風雨に見舞われる恐れがあり、進路によっては高潮も懸念されます。

東南アジアでは相次ぐ台風に警戒が必要です。

※ハイマー:中国の言葉でタツノオトシゴ

日本への影響は?

なお、これらの台風による日本への大きな影響はない見込みです。

10月の台風発生平均数超える

10月に入っても台風の発生ペースは衰えず、台風22号で4個目。平年の3.6個を上回りました。
また、今年は1号の発生が非常に遅くなりましたが、10月までの平年の発生数22個にも並んでいます。まだ、フィリピンの東の海上には積乱雲の塊がいくつか見られ、対流活動は活発です。

ただ、10月中旬以降に日本に上陸した台風は過去にわずか2個。南は夏でも、日本付近は季節が着実に進んでいるため、接近の可能性は低いと見られます。