2017/02/08 11:43 ウェザーニュース

明日9日(木)は、東名阪で雪の可能性あり。10日(金)以降は、山陰〜近畿北部で大雪になる恐れがあります。

首都圏でも雪の可能性

9日(木)に日本海側と南海上にそれぞれ低気圧が発生。南海上の低気圧は南岸を進み、東名阪を含む太平洋側で雪の可能性があります。

名古屋や京阪神にも雪アイコン


今のところ、東名阪で交通に大きな影響が出るほどの雪になる可能性は低いですが、今後の低気圧の進路や発達具合によっては見解が変わる可能性があります。今後も最新の情報にご注意ください。

10日(金)〜:冬将軍が襲来

山陰〜近畿北部は大雪に警戒

低気圧が去った後の10日(金)は冬型の気圧配置となり、西日本から寒気が入ってきます。雪が降る目安は、上空1,500m付近で-6℃。
10日(金)の西日本は-9℃以下の寒気に覆われ、九州北部付近では-12℃以下になっており、強い寒気であることがわかります。

このため、西日本では日本海側を中心に雪となります。
日本海で空気のぶつかり合い(JPCZと呼ばれるもの)が形成され、山陰〜近畿北部では、12日(日)にかけて大雪となる恐れがあります。

また、近畿や中国、九州の市街地でも雪雲が流れ込み、内陸、山沿いでは積雪の可能性があります。
西日本は交通に影響が出る恐れもあるので、受験生はこまめに交通情報の確認を。また、週末に運転の予定がある方は冬タイヤが必須です。随時、最新情報をご確認ください。