2017/03/15 17:25 ウェザーニュース

宮崎県の霧島山・新燃岳で3月13日から火山性地震が増加しています。11日は0回、12日は1回だった火山性地震が13日になって急増し、32回を観測。今日15日も16日までに17回観測されています。

火山性地震とは

このような火山性地震の増加は2016年2月にも見られ、1日辺りに30回以上観測されたのは2016年2月24日以来になります。

火山性地震とは、火山やその周辺で発生する地震の総称で、地下で何らかの破壊現象が起きて発生すると考えられます。即、噴火につながるとは限りませんが、火山活動の高まりを示す指標のひとつと見られます。

今後の動向に注意

新燃岳は2011年にマグマ噴火を起こし、大きな影響をもたらしました。その後、2013年に噴火警戒レベルが2に引き下げられ、現在に至っています。今後の動向に注意が必要です。