クラッチが減るとエンジンの力が十分に伝わらない

クラッチは、エンジンとトランスミッション(変速機)の間にある部品で、発進、停止、変速時にエンジンの力をトランスミッションに伝えたり遮断したりする役割をする「動力伝達装置」。

シフトチェンジをする際は、このクラッチをきちんと切らないと、ガリッと嫌な音がしてギヤが入らない……。

また発進時は、クラッチを完全繋げずに、半クラッチでクラッチを滑らせることで、エンジンの回転数を必要以上に上げなくても、スムースな発進ができるようになる。初心者にはこの半クラッチがなかなか難しく、教習所時代に苦労した思い出がある人も多いはず。

このクラッチの心臓部は、摩擦材で、この摩擦材の摩擦力でエンジンの力をトランスミッションに伝えるわけだが、摩擦材は摩擦によって消耗するので、走れば走るほど減っていく。

そうして摩擦材の摩耗が進むと、やがてクラッチが滑るようになる。症状としては、いつもと同じようにアクセルを踏んでいったのに、回転数だけ早めに上がって、反対に車速は思ったほど伸びていかない……。

こんな症状が出たときは、クラッチの寿命。交換時期が訪れたので、早めに整備工場に持っていこう。

クラッチが減って、多少滑り出したとしても、急に走れなくなるようなことはほとんどない。しかしクラッチが滑ったまま乗り続けると、やがて摩擦材がなくなり、クラッチディスクの金属面が、フライホイールに接するようになり、フライホイールを傷つけたり、クラッチカバーのフェースに当たるようになり、クラッチディスクの交換だけでは済まなくなる。

フライホイールの研磨や交換となると、とても高くつくので、症状が軽いうちにクラッチ交換をしたほうが賢いというもの。

運転次第では2〜3万kmで交換が必要になる

クラッチの寿命は、摩擦材の種類、クラッチの容量、駆動方式(4WDが一番つらい)、エンジンパワーの大小によっても違ってくるが、一番影響するのは、ドライバーの操作方法。

同じクルマ、同じクラッチでも、2〜3万kmでダメにする人もいれば、10万km以上もたせる人だっている。

クラッチが摩耗する原因は、半クラッチの長さ。発進時の半クラッチの時間が長いと、当然クラッチの摩耗は早くなるし、ゼロヨンのスタートダッシュのように、半クラッチ状態で大きなトルクをかけると、あっという間にクラッチがダメになることも。

同様に、シフトチェンジをめんどくさがって2速発進などを多用すると、半クラッチ時間が長くなるのでクラッチの減りも早くなる(空荷のトラックなどを除く)。

その他、シフトチェンジ以外ときまで、左足をクラッチペダルの上に載せたままにしておくと、本人の気が付かないうちに、半クラッチ状態になっていて、クラッチを消耗しているというケースもある。シフトチェンジ以外のときは、フットレストに左足を載せておこう。

かつては、ポルシェ911などはクラッチが減りやすいクルマといわれ、クラッチを長もちさせられるかどうかも、ドライバーの腕の良さ(脚の良さ?)を判断する基準になっていたこともある。

ポルシェのようなRRに限らず、MRや4WDなど、トラクション性能がよく、なおかつハイパワーなクルマは、必然的にクラッチの負担が多いわけだが、強化クラッチに交換する前に、まずは自分のアクセルとクラッチの連携を見直してみることをおすすめする。

(文:藤田竜太)