16種類のどんぶりがファン投票で予選を闘う

9月24日(土)、25日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京・お台場)で「第8回全国ご当地どんぶり選手権」の予選会が開催される。これは「ツーリズムEXPOジャパン2016」という世界各国・地域、そして日本全国の地域・観光地が大集結して、旅気分を味わえる展示会のなかで行われるもの。

ふるさとの食材を活かしたどんぶりや、ご当地に根付いた食文化としてのどんぶりを、広く多くの方々に伝え、味わってもらい、そのファンとなってもらうことを目的に、今回8回目を数える「全国ご当地どんぶり選手権」は2017年1月に東京ドームで開催となる「ふるさと祭り東京2017−日本のまつり・故郷の味−」で行われる。

その本戦を前に、本選出場にふさわしいどんぶりを選ぶ投票を開催する(前回大会上位のシードどんぶりを除く)というのがこの予選会だ。

ちなみに前回の「全国ご当地どんぶり選手権2016」の結果は、「八戸銀サバトロづけ丼/サバの駅(青森県)」がグランプリ、準グランプリには「志布志発かごしま黒豚三昧/志布志いい肉食べさせ隊(鹿児島県)」、以下3位「十勝牛とろ丼/円らく(北海道)」、4位「函館朝市漁り火がごめ丼(北海道)」、5位「越前!蟹丼ぶり/地魚もてなし滝の川(福井県)」となっている。

「全国ご当地どんぶり選手権 in ツーリズムEXPOジャパン 2016」と題したこの予選会には、日本全国から絶品どんぶり16種が登場。ハーフサイズのどんぶりを会場内で楽しめる。

16種類のどんぶりは以下のとおり。
・とろサーモンといくらの親子丼/札幌 九兵衛(北海道)

・牛たんまかない丼/利久(宮城県)

・比内地鶏親子丼/秋田比内や(秋田県)

・秩父わらじ豚味噌丼/秩父駅弁研究会(埼玉県)

・千葉らぁ麺ごはん/千葉県応援プロジェクト(千葉県)

・小田原 黒天丼/じねんじょ蕎麦 箱根 九十九(神奈川県)

・越後漁火 かに海鮮丼/日本料理 一乃松(福井県)

・ちょっと贅沢な「飛騨牛そぼろ丼」/飛騨牛 匠(岐阜県)

・三河一色産鰻まぶし丼/鰻ま屋(愛知県)

・名古屋コーチン親子丼/名古屋 鳥開(愛知県)

・淡路牛と北坂鶏の玉子とじ/淡路島と喰らえ(兵庫県)

・だいせん☆てんこ盛りA5すき焼き丼/大山山麓観光推進協議会・かば(鳥取県)

・隠岐島の寒シマメ漬け丼/離島キッチン(島根県)

・下関フグ刺しぶっかけ丼/ふくの河久(山口県)

・寒ブリ漬け丼(熱めし丼)/豊後水道かまえ直送活き粋船団(大分県)

・中津からあげ丼/職人のからあげ 華鳥(大分県)

どんぶりは、事前チケット制となっており、どんぶりチケット(1枚500円)を購入し、希望のどんぶりとチケットを交換。美味しかったどんぶりの投票箱にコインを入れて投票するというもので、最終日までのコインの重量で、本選に出場するどんぶりが決定となる。

どんぶりチケットの販売は9月24日(土)が10:00〜17:30、9月25日(日)は10:00〜16:30。どんぶりが無くなり次第、終了となる。「ツーリズムEXPOジャパン2016」への入場券(当日券)は大人1300円/学生700円だ。

(文・写真:青山義明)