グッドイヤー「Vector 4Seasons Hybird」なら急な降雪も安心

毎年冬になるとクルマも冬支度をしなければならない。北海道や北関東以北の山岳地など、冬期降雪の多い地域では11月までに初旬にはスタッドレスタイヤに履き替えるのが常識だ。

しかし、ひと冬の間に1〜2回程度しか降雪がなく、積雪期間も数日と短い都心部や市街地などでは、なかなかスタッドレスタイヤを履きっぱなしというわけにはいかない。

せっかく性能のいいスタッドレスを購入して履き替えてもアスファルト路での使用がほとんどでは、摩耗による痛みも早いし舗装路での走行性もフルに発揮できなくなってしまう。

東西南北に広がる広大な面積の北米では、クルマでの移動も長距離になることが多く、自宅は晴れて暑くても出かける先に積雪があるということが一般的に起こり得る。そのため北米地域で販売される乗用車にはオールシーズンタイヤ(M+S)規格のタイヤ装着が義務づけられているのだ。

一方日本も南北に長い地形であるとともに四季の移ろいがあり北米と似た道路環境がある。グッドイヤーが今回登場させた「Vector 4Seasons Hybird(ベクター・4シーズンズ・ハイブリッド)」は、そんな地域で1年を通じて安心して履き続けることができるオールシーズンタイヤの最新モデルだ。

国内では雪道用タイヤとしてチェーン規制路でも使用出来るように「SNOW」の表記が加えられ適合させてもいる。

そのトレッドパターンはV字の方向性をもつデザインでウエット路での排水性を高め、雪道用に細かなサイプを刻んでいるが、ドライ路面ではブロック同士が撓み合って結合することで高いブロック剛性を確保。舗装路用として相応しいグリップ力を実現している。

実際に圧雪路をさまざまなクルマに装着し試してみると、夏タイヤでは発進すらできないような登り坂発進も難なくこなす。

下りのブレーキではしっかり制動Gが体感でき安心感も高い。またステアリングを切り込めばスムースな回頭性が発揮されスタッドレスタイヤでは得られない操縦性が得られた。

そのまま舗装路に戻っても夏タイヤと同様に走れるし、高速ウエットでも安心感が高い。もちろん夏専用タイヤの限界性能には及ばないだろうが1年を通じてタイヤ交換をせずに使い続けられる恩恵は安全・安心の面でも相当大きい。

このタイヤを履けば毎冬のタイヤ交換から解放されすっきりしたカーライフが送れることになる。市街地域のユーザーにはとくにお薦めしたい。

(文:中谷明彦)

【詳しくはこちら】

日本グッドイヤー
www.goodyear.co.jp