VSCの新制御「トラックモード」はウエットで有用

スバルBRZとトヨタ86は共に群馬のスバル工場から生み出される兄弟車だ。2012年の登場以来、世界中のFRファンを魅了し、スポーツカー不遇の時代にあって大きな成功を収めたといえる。

そのデビューから4年余りの月日が流れ、MC(マイナーチェンジ)なりFMC(フルモデルチェンジ)の時期を迎えつつある両車だが、グローバルでの販売が好調なことから開発陣はいわゆるビッグマイナーを選択。トヨタはこのMC以降のモデルを86後期モデルとして位置づけた。

トヨタ86/スバルBRZ両モデルはデビュー時からその乗り味が微妙に異なっていた。後期モデルとなって乗り味がどのように変化しているのかも興味深いのだ。86後期モデルはかなり大幅な変更を受けている。その主な変更点はエンジンの仕様変更。またサスペンションのチューニングに見られる。

大まかには、スバルBRZも同じ内容の変更を受けているのだが、ハンドリング特性面では今回もとくに差別化を図っている。

まずトップグレードとなるGTリミテッド(6速MT)。インテリアにはダッシュボードやドアパネル、ピラーやルーフなどにもアルカンターラ風素材が用いられ、質感が大幅に向上している。

車両制御を司るVSCの電子制御には、ニュルブルクリンク24時間レースでドライバー達から評価の高かったという「トラックモード」が新設されている。

このトラックモードでは、車両のスライドをかなり許容し、弱カウンターステアを当てながらコーナリングできる。もちろんスピンは抑制してくれるので安心してコーナーを攻めることが可能になった。ウエットの悪コンディションではとくに有用な制御といえるだろう。

オススメはオプションのザックス社製ダンパー

注目はドイツのザックス社製ダンパーというオプションが用意されていることで、チューニングもザックスが行ったという。その効果は走り出すとすぐにわかる。

ダンパーオイルの粘度が高まったかのように作動ごく初期からダンピングフォースが立ち上がり、路面の段差通過からハイスピードのアンジュレーション路まで優れた接地感を提供してくれる。

上級クラスのドイツ車に乗っているかのような質感の高さと快適性が得られており、文句ない仕上がりだ。スポーツカーは快適ではないといった視点を改めてくれる。ソフトなスプリングだけでごまかすのではなく、ダンピングをきっちりとコントロールしている点で、本物らしく仕上がっているわけだ。

一方国産メーカー製ダンパー装着モデルでは、軽快感こそ高いものの接地性では差が大きく認められる。スバルBRZも違う国産のメーカー品を装着していて、段差突き上げ時の衝撃吸収性では一歩遅れをとってしまったようだ。

86はさらに6速MTモデルのファイナルギアを4.1から4.3に見直しローギヤード化。6速クロスレシオと相まって小気味よい加速を見せる。インテークポートを樹脂製からアルミ鋳造性に変更するなど見直すことで、パワーアップも果たしたエンジンも走りを1ランク高めているのだ。

基本的にはスバルBRZも変わらないサスペンションやボディを与えられているはずだが、従来安定指向の強かったBRZに対し86後期モデルは質感と直進性で差別化を図ろうとしているようだ。サーキットでのタイムには現れない機微の差が面白い。

惜しむらくは今回もミシュランのプライマシータイヤが継承されたことだ。どんなタイヤでも履きこなせるシャーシという理想はわかるが、夏タイヤで雪道は走れないように86後期の好特性をサーキットなどで発揮させるにはあまりに物足りない。とくにウエットの特性はピーキーで危険性も高まる。車体性能に相応しいタイヤを装着してもらいたかった。

(文:中谷明彦)