日本にも年内に導入予定

メルセデス・ベンツのブースでひときわ注目を浴びていたのが、Eクラスオールテレーンだ。新型Eクラスがデビューし、セダン、そしてワゴンであるエステートが登場し、第3のEクラスとして公開されたのがこのオールテレーンである。

アウディのオールロードクワトロやスバル・アウトバックといったクロスオーバーSUVタイプのワゴンクラスに、ついにメルセデス・ベンツが参入するわけだ。

エクステリアはこのクラスの定番といえる、車高アップやルーフレール、張り出した樹脂製フェンダーなどが盛り込まれた。

また、車高を調整できるエアボディコントロールと呼ばれるエアサスペンションが採用されているのも注目だ。日本には年内の導入が予想されている。

(文・写真:CARトップ編集部 横山真和)