往年のモデルをオマージュしたモデルたち

イタリアの名門フェラーリが2017年で創立70周年を迎えることを記念し、フランスで行われているパリ・モーターショーで70周年のエンブレムを装着した限定車を発表した。

フェラーリの歴史を飾った代表的なモデルから70種類のカラーバリエーションを「F12ベルリネッタ」「488GTB」「カリフォルニアT」「488スパイダー」に適用し、合計350台の特別モデルが発売される予定だ。

その一例を紹介しよう。

F12berlinetta“The Stirling”

1961年に、今でこそメルセデス・ベンツの印象が強いスターリング・モスが操った250GT Berlinetta SWB に敬意を表した仕様をF12ベルリネッタに採用した。

488 GTB“The Schumacher”

ミハエル・シューマッハが6勝を飾った2003年のフェラーリF1「F2003-GA」をオマージュしたモデルを488GTBに採用した。

California T“The Steve McQueen”

スティーブ・マックイーンの妻であるニール・アダムズがプレゼントした250GT Berlinetta Lussoのカラーリングを施したカリフォルニアT。ブラウンにキャメルレザーが美しい。

488 Spider“The Green Jewel”

フェラーリのプライベートレーサーであるパイパーレーシングが使用していたブリティッシュ・グリーンを纏った「365P2」を488スパイダーにオマージュ。

また、ピニンファリーナがデザインを手がけた1953年型375MMも会場に展示された。

2017年は、70周年を記念した世界ツアーを行うほか、マラネッロに新旧モデルが集結し盛大なイベントが行われる予定だ。