気になったブースやクルマ10選をお届け

花の都パリで2年に一度行われる自動車の祭典「パリモーターショー」(通称:パリサロン)に今年も行って来ました。そのなかで、私が気になったものをお届けします!

①ブサイクナンバーワン「メルセデスベンツ ジェネレーションEQ」

メルセデスベンツのコンセプトカー「ジェネレーションEQ」。メルセデスベンツが新たに立ち上げた電動パワートレーン車に特化したブランド「EQ」最初のコンセプトカー。写真で見るより実物は大きい印象ですが、それにしても恐ろしくブサイク……(笑)

②お洒落ブースナンバーワン「アウディ」

アウディの今回のブースはモニターをたくさん使った今ドキ感たっぷりのブース。今回、ジュネーブショーでこのスタイルを初めて見ましたが、世界各国の主要モーターショーでこれが見られるのかもしれませんね。

③がんばれナンバーワン「GLM G4」

今回、初出展という「GLM」。日本、しかも京都生まれの国産EVスポーツカーメーカーですが、「トミーカイラZZ」に続く第2弾は「G4」。コンセプトカーですが、4枚ドアの4人乗り、ドアは観音開きスタイルのシザードア。0−100km/hは3.7秒。2017年に生産開始とのことです。

④起死回生ナンバーワン「日産マイクラGen 5」

4代目「マイクラ(日本名 マーチ)」で、人気暴落。今回のパリモーターショーでは5代目「マイクラ」が公開されましたが、路線を一気に変更してスタイリッシュに。ボディサイズは全高は低くなったものの、全長3999mm×全幅1743mmとひとまわりサイズアップ。欧州では2017年3月発売予定。さて日本では……!?

⑤わくわくナンバーワン「ルノー・トレゾア」

屋根ごと上に開くタイプの「ルノー・トレゾア」。この意外なサプライズにドキッ。いっそのこと「サプライズドア」とか名付けちゃえばいいのに(笑)。サイズは意外に大きく、全長4700mm、全幅2180mm、EVの2シータースポーツカー。でも乗ってみたい!

まだまだ続く勝手にナンバーワン!

⑥変わっちゃったのねナンバーワン「シトロエンC3」

「ザ・フランス車」という感じの癒し系フォルムの「シトロエンC3」。しかし今回ワールドプレミアされた3代目「C3」は「C4カクタス」風。ボディサイドの「エアポンプ」は、衝撃からボディを守るだけではなく、お洒落で活動的なアクセントに。結局、C4カクタスも日本導入はまだですが、C3は早く導入されるといいな。

⑦メカゴジラ系ナンバーワン「ホンダ・シビックタイプR」

10代目シビックをベースにした高性能モデル「タイプR」。コンセプトカーですが、なんかいちいち大げさで、いい意味でも悪い意味でもなんだか凄い……。ちなみにこのボディカラーの艶消しグレーは、ラッピングだそうです。この後、帰国時の機内で、映画「シン・ゴジラ」を観たくなりました。全然関係ないけど。

⑧新車価格ナンバーワン「フェラーリ ラ・フェラーリ アペルタ」

フェラーリ初のハイブリッド車「ラ・フェラーリ」のオープンモデル「ラ・フェラーリ アペルタ」。「ラ・フェラーリ」は499台限定で発売前に完売。「アペルタ」は209台限定で約4億円とのウワサ。200台はカスタマーに納車され、残りの9台は、来年の創立70周年に合わせ、世界各国のイベントで使用される予定なんだとか。ちなみにパリサロン前にすでに完売しているそうです。

⑨日本車危うしナンバーワン「ヒュンダイ・ジェネシス・ニューヨーク」

日本ではあまり取り上げられていませんが、アストンマーティンか、はたまたベントレーか、というぐらい高級スポーツカーの迫力を称えています。こちらはニューヨークショーで公開されたものとのことで、2リッターの直列4気筒のハイブリッドモデル。シートが飴色の革というのもお洒落。

⑩見れば見るほど可愛いく見えるナンバーワン「フォルクスワーゲンI.D.」

諸事情があったせいか、このところ一気にEVにシフトしたフォルクスワーゲン。その次世代EVコンセプトカーが「I.D.」。航続距離は約600㎞。完全自動運転を可能にし、2020年に市販化を目標にしているとか。なんだかぬぼーっとしていますが、ライトが付いていると可愛い。(文:吉田由美)