シトロエン独自のAIRBUMPを採用

欧州で11万台以上の販売実績を収める「シトロエンC4 CUCTUS(カクタス)」が、初回限定200台、238万円からという価格で発売された。「C4 CUCTUS」は、シトロエンのクロスオーバーモデル。斬新で愛くるしいデザインが印象的だ。

C4 CUCTUSの特徴はボディ保護に採用されたAIRBUMP(エアバンプ)と呼ばれるポリウレタン。これは、時速4キロまでの軽い衝撃からボディを保護するシトロエン独自の機能だ。

シンプルでモダンなインテリアは旅をすることをテーマにし、スーツケースをモチーフにしたダッシュボードなど、デザインと機能性を両立している。同時に広い室内を確保し、心地よさを追求したソファーのようなフランス車らしいリラックスできるシートを採用。

ヒューマン マシン インターフェースも追求された。フルデジタルディスプレイと直感的な操作が可能な7インチタッチスクリーンを採用。タッチスクリーンにはエアコンや走行データなどを集結させ、シンプルで情報を得やすいレイアウトとなっている。

また、シフトレバーの代わりにN/D/R(ニュートラル/ドライブ/リバース)はイージープッシュと呼ばれるプッシュボタンを採用し、パドルシフトによるマニュアル操作も可能とした。

C4 CUCTUSの車両重量は1070Kgと、車格からすると軽量なボディをもつ。これは、アルミ製のボンネットやマジックウォッシュと呼ばれるワイパーを初搭載したことによるものだ。マジックウォッシュはワイパーにウォッシャーノズルを装着したもので、ウォッシャータンクの小型軽量化が可能となった。

パワートレインは1.2リッター直列3気筒エンジンと、トランスミッションに2ペダルのシングルクラッチMT、ETG5の組み合わせ。

価格はファブリックシートモデルが238万円。ベロアシートが241万円で発売される。