ニュルアタックマシンの273馬力エンジンを搭載

ルノー・ジャポンは2016年10月5日、新型メガーヌ ルノー・スポール273及び、それをベースにした限定車、メガーヌ ルノー・スポール273トロフィーS<LHD>(50台限定)を発表した。

この2台はルノーが誇るCセグメントハッチバック、メガーヌのハイエンドに位置するスポーティモデル。ルノーのモータースポーツ部門であるルノー・スポールが、モータースポーツ活動から得られた技術をフィードバックし、チューニングを施している。

ルノーは以前、世界一過酷な市販車のテストコースとして名高いサーキット、ドイツのニュルブルクリンク北コースで、量産FF車最速を目指してクルマを開発した。そして2014年5月、当時最速となる8分切りの7分54秒36という記録を打ち立てたのだ。そのクルマこそがメガーヌR.S.トロフィーRである。

今回導入された2台は、このエンジンが搭載されている。車名の273は273馬力を示すものだ。先代のエンジンは265馬力、360N・mというスペックで、今回のエンジンは8馬力アップで最大トルクはそのまま360N・mとい数値。これだけ見ればあまり変わりがないように感じるかもしれないが、最大トルクを発生するバンドが高回転側へと広くなったことで、ドライバビリティが向上している。

もちろんエンジン以外も、スポーティな走りを支える機能パーツは充実。激しいコーナリングGでも身体をシッカリと支えるレカロ製バケットシート、強靱なストッピングパワーを発揮するブレンボ製モノブロック4ポットフロントキャリパーなどが装備される。

そのメガーヌR.S.273をベースに、さらなるチューニングを施したのがメガーヌR.S.273トロフィーS<LHD>だ。

オーリンズ製ダンパー、4本で5kgの軽量化となるスピードライン製19インチアルミホイール、4kg軽くなるアクラポヴィッチ製チタンマフラーなど、2014年5月にニュルでアタックしたマシンに近い仕様となっている。

週末に日本GPを控えたF1ドライバーのパーマー選手も登場

この2台の発表会は東京都・港区の六本木ヒルズで行われた。ルノーは今シーズンより世界最高峰のレースF1グランプリにおいて、「ルノー・スポール・フォーミュラワン・チーム」としてフルワークス体制で参戦している。週末にはF1日本グランプリが行われるため、発表会場には今シーズンのカラーリングを施したF1マシンも展示された。

ルノー・ジャポンの大極社長は挨拶のなかで、「台風が刻々と近づいているなか、今週末の日本グランプリでは台風の目になるといいなと考えています。ルノーのコア、ハートはモータースポーツにあります。もう100年以上前からルノーは、モータースポーツに色々な形で参加して参りました。そこで培った技術、パッション、ハートそういったものをルノースポールを通して市販車につぎ込んでいます」とコメントした。

さらにゲストとして今シーズンルノーチームからF1に参戦するドライバーのジョリオン・パーマー選手も登場。

「プライベートではメガーヌR.S.をドライブしている。パフォーマンスと心地よさを兼ね備えたクルマ」

「(今回発表したメガーヌR.S.273は)両方とも乗ったことがある。ハンドルを切ったときのサスペンションがよく、エンジンが素晴らしいと思う」などと話した。

そしてパーマー選手は最後に展示してあったF1マシンに乗り込み、六本木をF1で走ったらという想定のもとで作られた映像を堪能。

感想を聞かれると「ファンタスティックなトラック。でも本当に開催するなら歩行者やタクシーは通行止めにしたほうがいい」などとジョークを飛ばしていた。

今シーズンよりF1でのレースシートを獲得したパーマー選手は、前戦のマレーシアGPで自身初のポイントを獲得している。今回発表されたメガーヌR.S273と共に、今週末の日本GPの行方も注目してほしい。

メガーヌR.S. 273 & 273 トロフィーS発表会ギャラリー