アイドリングストップ機構のないクルマは基本NG!

最近はガソリン価格が安値で落ち着いているが、それでも一時期ガソリン価格が高騰したこともあり、未だに燃費に対する注目は高い。

今では燃費向上のためのデバイスも増え、その中でも知名度、効果ともに高いのがアイドリングストップだ。

アイドリングストップが付いていないクルマに乗っているユーザーの中には「燃費向上のため手動でアイドリングストップをした方がいいのでは」と考える人も多いかもしれない。しかし、手動で積極的にアイドリングストップをするのは基本的には賛成できない。

その理由はアイドリングストップ付きのクルマはアイドリングストップするための対応が行われているから積極的なアイドリングストップができるのであって、対応されてないクルマでアイドリングストップするのはクルマが痛むためだ。

代表的なところではアイドリングストップ付きのクルマはエンジンの始動が増えることに対応しセルモーターが強化され、バッテリーも大型のものが装着されているのだ。

そのためアイドリングストップがないクルマでアイドリングストップを積極的に行うと、燃費向上でガソリン代が節約できても、決して安いパーツではないセルモーターやバッテリーの寿命が短くなり、部品交換にお金が掛かるのでは本末転倒だ。

といったことを考えるとアイドリングストップなしのクルマで手動アイドリングストップを行うのは長い踏切や送迎なので人を待っている時くらいにした方が無難だろう。それだけでも燃費向上にガソリン代の節約、地球環境への配慮は十分な効果がある。

(文:永田恵一)