同時にインテリアにこだわった特別仕様車も設定

マツダのデミオとCX-3の2車種が商品改良を行い2016年11月24日から発売する。今回の改良で2台には、最新技術が惜しみなく投入された。

フルモデルチェンジを待たずに新開発した技術を次々と導入しているマツダは、今回デミオとCX-3にGベクタリング・コントロールやディーゼルエンジンの不快な音を制御するシステムなどを搭載。人間中心というコンセプトに則った改良が行われた。

【デミオ】

まずエンジンのトルク変動を利用して前後の荷重をコントロールし、ステアリング操作に対しリニアでスムースなコーナリングを可能とするGベクタリング・コントロールを装備。

さらにディーゼル車は、不快なノック音を軽減するため、従来のナチュラル・サウンド・スムーザーに加え、ナチュラル・サウンド・周波数コントロールを導入している。

また、フルカラーのアクティブ・ドライビング・ディスプレイを一部グレードに標準化、リニア空調(上級モデルしかなかった)をすべてのグレードに標準装備としたこともトピックだ。

加えてフロントのフォグランプをLED化するほか、リヤドアの開閉音も改善した。また自動配光によりハイビームでも対向車の部分のみ光を照射せずまぶしくないようにしたりシステムや、ワイド配光ロービーム、高速走行時により遠くを照らすハイウェイモードを備えたALH(アダプティブLEDヘッドライトを設定している。

外観は、ラジエターグリル・ヘッドライト・フォグベゼルを変更。インテリアは、オフホワイトをピュアホワイトに変更し、特別仕様だった黒革がカタログモデルとなるなど色と素材を追加した。

同時に「Tailored Brown」という特別仕様車も設定。これは「XD Touring」「13S Touring」のAT車をベースに、ライトブラウン&ブラックを基本カラーにオレンジのアクセントを入れたインテリアを採用。さらにキルティング加工したスエード調人工皮革素材のシートを組み合わせ、インテリアを上質に仕上げた。さらに高輝度ダーク塗装のアルミホイールを装着し、外観も引き締めたモデルである。

【CX-3】

基本的な変更点はデミオと同じで、Gベクタリング・コントロールを標準装備。乗り心地改善のため足まわりの特性を見直し、硬くもなく柔らかくもない仕上げになっているという。また、後部座席の乗員にロードノイズが届きにくいように見直しがされたという。

発売されてから1年経過するCX-3は、オーナーの声に耳を傾け今回の改良では内装にも力を入れている。ハナバブラウンにナチュラルグレーを配色し、上質感を演出。ナッパレザーを採用したシートは、本物感・本質感を五感で感じることができるという。ダッシュボードは、これまでナビの縁がシルバーだったが、運転しているときに目に付くためブラックに変更している。

夫婦やカップルが購入する傾向にあるというCX-3。誰が乗っても自分のベストポジションで運転が出来るようにシートメモリー機能付き10WAYパワーシート、さらにこれからの季節に重宝するステアリングヒーターをXD L Packageに標準装備、XD PROACTIVEにメーカーセットオプション設定した。

また、デミオ同様に特別仕様車もリリース。「XD Noble Brown」と呼ばれるコチラは、XD L Packageをベースに、ブラウン基調のインテリアにグレーのアクセントと金属加飾を組み合わせ、シート素材にはナッパレザーとスエード調人工皮革を採用。外観は高輝度ダーク塗装を採用した18インチホイールを装着したものだ。

上級車と同じ装備や装置を小型モデルへも展開し、目に見えにくい部分からもユーザーの満足度を高めているマツダ。今回の改良で間違いなくお買い得度は増したといえるだろう。