ホームグランプリも決勝は16位と18位!

予選15位と17位、ジェンソン・バトンは、パワーユニットのパーツ交換で35グリッドダウンの結果、最後尾からスタートした。

上り調子になってきていた夏休み後の状況から、鈴鹿の活躍にも期待していたけれど、フェルナンド・アロンソのスタート・ダッシュも不発。下位に埋もれたまま、53周が終わった。

長谷川祐介F1プロジェクト総責任者は、夕闇が迫るレース後の18時30分から、撤収作業が始まった鈴鹿サーキットのパドック端のホンダF1レーシングの小さな部屋で会見を開き、「グリップが足らず、ストラテジーも決まらなかった」と渋い顔でコメントした。

今シーズンからホンダのF1プロジェクト総責任者に就任した長谷川F1プロジェクト総責任者は、モーターレーシングの機微を深く理解し、真摯で正直なコメントでホンダF1レーシングの活動を伝えていたが、今回ばかりは笑顔がなかった。

「シミュレーションの段階では、トップ10くらいには入れるかと。戦略的にはあとからなんとでもいえますが、ストラテジーがうまくはまらなかったということです」というのがレース後の長谷川F1プロジェクト総責任者の戦評だった。

現在は、F1に限らずシミュレーション技術が進化し、事前にそれぞれのコースを想定したシミュレーションが行なわれるのが常識。鈴鹿でも当然、予選やレースを想定したシミュレーションを行なっていたが、マクラーレン・ホンダはそのシミュレーションより遅かったという。

そして、マレーシアの22番手から10番手という奇跡的な例外を含めて、ここ5戦でスタート後の1周でポジションを合計29グリッドも上げているアロンソのスタートも、1台も抜けない、という踏んだり蹴ったりの状況だった。

アロンソは、「16位と18位でフィニッシュするなんて悪い意味で驚きだし、とくにシンガポールでは7位、先週のマレーシアでは7位と9位だったから余計にね」と両手を広げ、「マレーシアと比較して、セットが決まらなかった」と続けた。

パワーが不足しているからダウンフォースが上げられない

長谷川F1プロジェクト総責任者は、「ここのコース特性、とくにS字がよくなかったです」とコメントした。

アロンソの、「トラックのレイアウトは僕らに合ってないのは明らかだったし、高速セクションでのダウンフォース不足だった」という答えにマクラーレン・ホンダの弱点が見えた。

長谷川F1プロジェクト総責任者は、アロンソが明言しているように、マクラーレンのダウンフォースが足らないとはいっていない。ダウンフォースが足らないという現象は、あたかも、車体側のマクラーレンの責任と取られがちだが、そうとばかりとはいえないからだ。

ダウンフォースは鈴鹿サーキットを速く走るために重要な要素だ。鈴鹿は、今年21戦行なわれるサーキットの中で、5番目に高速。平均速度は、平均240km/hをオーバーするモンツァの、230km/h以上のスパ-フランコルシャンは別格として、シルバーストンと並んで、鈴鹿は220km/h辺りに位置する。

ところが、ダウンフォースレベルは、もっとも遅い平均150km/hほどでしかないモナコと同じともいわれる。中高速のコーナリングがタイム短縮に重要なのは、鈴鹿がテクニカルなレイアウトだからだ。高速なのにダウンフォースが必要なコース。ドライバー全員が、鈴鹿が「もっともチャレンジング」というのは、そういうコースだからだ。

18歳で最年少F1GPウィナーのマックス・フェルスタッペンに、「鈴鹿のどこが一番好きか」と尋ねたら、「ハイスピード・セッション。1コーナー、2コーナーからS字にかけての区間だ」と即座に答えた。

チャレンジングということは、つまりこの区間がタイム短縮に大きく寄与する、いとうことだが、マクラーレン・ホンダはそこが遅かった。そしてそれはダウンフォース不足が大きな要員だったのだが、では、どうしてダウンフォースを大きくできないかといえば、それはパワー不足だからだ。

ダウンフォース不足という言葉を捉えて、マクラーレンの車体が、という意見がネットに出回っているが、それはトータルパーケージの意味をわかっていない意見だ。パワーがあれば抵抗が大きくなることを恐れずにダウンフォースを大きくできる。しかし、それができないていなことに、長谷川祐介F1プロジェクト総責任者のコメントから、忸怩たる思いが忍ばれる。

残り4戦はコース的にもよい結果が出るはず

「チームとして、いろいろやらなければならないことがありますが、パワーユニットの部分が一番凹んでいるので、ほかのことをとやかくいう前に、まずはパワーユニットをしっかりやることが努めと思います」。おっしゃるとおり。

ところで、長谷川祐介F1プロジェクト総責任者は、こうもいっている。「残りのレースは、鈴鹿ほど車全体の能力が問われるコースはない」と。

そしてアロンソは、「これは今回だけのイベント、出来事になってほしいし、次のオースティンではいつも通りの仕事に戻りたいよ」とコメントした。“戻りたいよ”という表現の後にこう続けている。

「僕らのマシンは本来は今日見せた状態よりずっと速いのはわかってるけど、ホンダのホームグランプリであんな結果を残してしまったことには明らかに期待外れだよ。ただ、何があったのかを分析するし、この失望から立ち直るよ」。

“期待外れ”とは、「もっとできるはずだった」という意味だ。鈴鹿では残念ながら歯車かみ合わず、マクラーレン・ホンダのポテンシャルが、鈴鹿という厳しいコースで露呈した。要するにまだまだやることをは山積みということだ。

だが、残り4戦について長谷川F1プロジェクト総責任は、「鈴鹿ほど、マシン能力が問われないので、マレーシアまでと同じ力を発揮できると思います」と答えている。

大丈夫、マクラーレン・ホンダは、マレーシアまでのように、“トップ3に次ぐ7番手”のポジションに戻ってくる。もちろん、そこから先は、来年のお楽しみ、ということで。

(文:山口正己/写真:HONDA)