乗用車も生産していたいすゞを振り返る!

いすゞ自動車は、いわずと知れた商用車メーカーの雄。路上でいすゞのトラックを見ない日はないといっても過言でないだろう。そんないすゞだが、過去には乗用車も生産していた事実を覚えている人も多いのではないだろうか? 今回はそんないすゞ自動車が生産した乗用車を振り返ろう。

ヒルマン・ミンクス

イギリスの自動車メーカー(当時はルーツ自動車のブランド)、ヒルマンの中型車であるミンクスをノックダウン生産したのがこのヒルマン・ミンクスだ。ノックダウン生産とは完成車を輸入して販売するのではなく、部品を輸入して国内で組み立てる方式で、これによりいすゞ自動車は乗用車生産のイロハを学んだといわれている。なお、部品に関しても順次国産化を進め、57年秋には完全国産化を達成している。1953年に生産を開始したヒルマン・ミンクスは1956年に2代目へと進化、1964年まで生産が続けられた。

ベレット

前述のヒルマン・ミンクスの後継車として1963年に登場したのがベレットだ。当然すべて自主開発であり、現在は主流であるが、当時はまだ採用例の少なかったラックアンドピニオン式のステアリングギアボックスや、4輪独立懸架、日本初のディスクブレーキを採用するなど、先進技術を多く採用していたのが特徴である。’64年には日本で初めてGTを名乗ったベレットGTが登場し、’69年には更なるスポーツモデルとしてベレットGTタイプRが追加されている。

 

「街の遊撃手」のTVCMが印象的なジェミニ

ジェミニ

1971年にGMの傘下となったいすゞがGMの世界戦略車構想に基づき、オペル・カデット(Tカー)をベースに登場させたのがジェミニである。世界戦略車ということで、多くの兄弟車が存在していたことからふたご座の意味をもつジェミニという名前が付けられたといわれている。’85年にはFFとなった2代目にバトンタッチを果たし、「街の遊撃手」のコピーでパリの街なかをカースタントで駆け抜けるCMが話題となった。’90年には3代目へとフルモデルチェンジを果たしたが、バブル経済の崩壊に伴い販売台数が減少。乗用車生産からの撤退を発表し、4代目、5代目はホンダからのOEMとなってしまった。

ピアッツァ

1979年のジュネーブショーに登場した「アッソ・デ・フィオーリ」は、ジウジアーロがデザインした「1980年代のボディライン」を具現化したコンセプトカーだった。その市販車離れしたデザインは、誰しもコンセプトカー止まりと考えていたが、’81年になんとほぼそのままの姿で市販された。それがピアッツァである。’85年にはドイツのチューナー、イルムシャーが足まわりのチューニングを施したイルムシャーグレードを追加。’88年にはイギリスのロータスとの技術提携によってハンドリングbyロータスが登場するなど、多くの派生グレードも誕生している。’91年には2代目へ移行したが、’93年のいすゞ自動車の乗用車開発・製造撤退によって絶版となり、この車両がいすゞが自社開発した最後の乗用車となっている。

(文:小鮒康一)