フィアット初のレーダーセンサーを搭載

フィアット500のSUVモデル「500X」の国内導入1周年を記念した限定車を、10月29日より発売する。限定車は「500X Black Tie(ブラックタイ)」と「500X Yellow Cross(イエロークロス)」で、計240台の台数限定となる。500Xイエロークロスは、4WDグレードのクロスプラスをベースにボディカラーをイエロー、内装にブラウンを採用している。イエロークロスは、専用デザインの18インチホイールを装着している。車両は140台限定となっている。

500Xブラックタイは、2WDグレードのポップスターをベースに、ボディ・内装共にブラック色を採用。内装に初めてレザーを採用した。また、足もとに17インチブラックホイールを装備したほか、「BeatsAudioプレミアムシステムスピーカー」を装着する。こちらは100台限定となる。

そして、両モデル共に、フィアットブランド初のレーダーセンサー「アダプティブクルーズコントロール」を採用。前方の車両を認識し、車間距離に応じて自動的に走行速度を調整してくれる。逆に、車間が迫ってきた場合は減速する機能を搭載。

価格はブラックタイが315万3600円、イエロークロスが349万9200円(税込)。