「長谷川豊に言及してはならない。取り合うほど相手が得をする」というのが、まともな人たちの見解かもしれない。しかし、江戸しぐさがあれほどまで普及してしまった前例を思うにつけ、やはりでたらめには早いうちに対処しなければならないのではという思いを強くする。

いくらネットでもツッコミが追い付かない

 世の中のスピードは速く、いったん炎上したネタでも、1週間経てば沈静化し始めていることが多い。そんな中、相変わらず燃え続けているのが長谷川豊氏だ。

iStock

 このコーナーは基本的に1週間に1度連載している。実は長谷川氏の人工透析患者に関するブログ記事の炎上は、先週の時点で記事化しようか迷ったネタだった。通常、前週に検討して見送ったネタが翌週に使えることは少ないのだが、この炎上は例外だったようだ。

 炎上が鎮火しなかった理由は“燃料”が投下され続けたからだろう。長谷川氏は批判に対してブログ上で「余りの低レベルな言葉狩りに戸惑っています」と書き、全国腎臓病協議会からの抗議についても謝罪を拒否。そのたびにさらなる反感の声が上がった。

 その後、テレビ大阪『ニュースリアル』と読売テレビ『上沼・高田のクギズケ!』を降板、長谷川氏のブログを転載して配信していたニュースサイトBLOGOSからも契約解除。その都度、長谷川氏はブログを更新している。

 また、お笑いコンビ・ブラックマヨネーズの吉田敬さんが「長谷川さんは、きちんと今後も、病気の方が最善の医療を受けれるようにする為に言っておられると思う」「(長谷川氏のような)本気のジャーナリストを殺されたくはない」(原文ママ)などと擁護したことも火に油を注いだ。

 ネット上には「狙って炎上させているのだから、騒いだら長谷川豊の思うツボ(だから炎上させるな)」というような意見も見られるが、毎日のように新たな進捗があるのだから仕方ない。最初は黙っていたものの、見かねて苦言を呈した人もいるだろう。

 そもそも長谷川氏のブログ記事は投稿されるたびにツッコミどころが多く、いくらネットがバカと暇人のものとはいえツッコミが追い付いていないような状況だ。たとえば、記事に抗議したブロガーfujiponさんへの対応がそうだ。