米ニューヨーク・マンハッタンの繁華街などで週末に発生した爆弾事件は19日、手配されていた容疑者のアフガニスタン出身の男が銃撃戦の末、当局に拘束された。連続爆破テロだった可能性が濃厚。ニューヨークの国連本部では週明けから各国首脳らによる演説が予定されており、9・11から15年を経た街にはテロの悪夢が再び蘇った。

容疑者を公表するニューヨーク市警ジェームズ・オニール本部長(GettyImages)

劇的な幕切れ

 一連の事件は17日の土曜日の朝に始まった。ニューヨークに隣接したニュージャージー州シーサイド・パークで予定されていたマラソン会場付近の道路脇のごみ箱で小型パイプ爆弾が爆発。たまたまマラソンの開催が大幅に遅れたため、参加者らにけがはなかった。爆弾は3本のパイプ爆弾が束ねられ、うち1本が爆発した。

 11時間後の同夜8時半過ぎ、今度はニューヨーク・マンハッタンの西23丁目チェルシー地区の繁華街で爆発が起き、通行人ら29人が負傷した。その2時間後、同現場から約400メートル離れた27丁目で警官が爆発物を発見、爆発を未然に防いだ。爆弾はいずれもゴミ箱に仕掛けられていた。

 捜査当局などによると、2つの爆発物は“圧力なべ爆弾”で、折りたたみ式の携帯をタイマーとして、クリスマス・ライトを起爆装置として使ってあった。中には、殺傷力を高めるため、ボールベアリングなどの金属片が無数に仕込まれており、大量殺りくを狙ったものだった。

 さらに18日夜には、ニュージャージー州エリザベスの鉄道駅近くのゴミ箱でリュックサックに入れられたパイプ爆弾5本が見つかった。米連邦捜査局(FBI)がロボットで処理中に1本が爆発したが、負傷者は出なかった。

 この4件の爆弾事件は発生時間や場所が近接していたこともあり、週末を狙った連続爆破テロとの疑いが一気に強まった。FBIは防犯カメラの映像などから、アフガニスタン出身のアハマド・カーン・ラハミ容疑者(28)を事件に関与したとして指名手配。武装している可能性があるとして、市民らに注意を呼び掛け、行方を追った。

 ラハミ容疑者は19日朝、エリザベスの自宅近くのバーの入り口で眠っているところを住民に発見され、駆け付けた警官と銃撃戦となった。容疑者は逃走を図ったが、肩などを撃たれて負傷し、拘束されたという。警官も負傷したとの情報もある。

 同容疑者は米市民権を取得し、父親のムハマド氏が10年前からエリザベスで経営するレストラン「ファースト・アメリカン・フライド・チキン」で働いていた。友人らによると、容疑者は気さくな男で、車好きのスピード狂。ホンダのスポーツタイプの車に夢中になっていた、という。