イヤホンジャックが消滅したことが、新しいiPhoneの一番の話題になってしまったが、どうも否定的な意見が多いようだ。アップルの共同創業者のスティーブ・ウォズニアックも、発表の前にオーストラリアの経済誌Australian Financial Reviewのインタビューに「もし3.5mmのイヤホンジャックがなくなったら、多くの人を怒らせることになるだろう」と答えていた。「僕はBluetoothを使うつもりはない、無線が好きじゃないんだ」とも言っている。

 そんなiPhoneのためのAirPodsというワイヤレスイヤホンを、9月13日のWIREDは「159ドル払っても、iPhoneに同梱されている(有線の)EarPodsよりも良い音を手に入れることはできない」と、バッサリ切り捨てている。しかし、その記事のタイトル「SIRI MACHINES」に表れているように、AirPodsは音楽を聴くためだけでなくSiriと対話するためのデバイスだ。耳に装着した状態で、サイドを指で2回タップするとSiriと対話できるようになる。記事は、AirPodsもSiriも未完成だが、アップルの未来の重要な一部になる可能性を持っていると結ばれている。

「常時オン」という新しい体験

 AirPodsを着けてのSiriとの対話は、映画「アイアンマン」の主人公トニー・スタークをアシストする人工知能のJ.A.R.V.I.S.(ジャービス)を思い出させる。ジャービスは、スタークが鋼鉄製のパワードスーツを装着して戦う時は的確な情報を伝え、普段はパワードスーツを開発するためのロボットを指示に従ってコントロールしたり、ちょっとユーモアのあるフレンドリーな執事の役割を果たしたりする。パワードスーツを脱いだスタークはヘッドセットを着けてジャービスと対話するが、そのヘッドセットよりAirPodsの方がはるかに小さく、そして断然クールだと思う。

 J.A.R.V.I.S.とは”Just a Rather Very Intelligent System”(単なる、かなりすごいインテリジェントなシステム)の頭文字を並べた冗談半分の名前だが、現時点のSiriは、まるで試作品のように未完成でぎこちなく、ジャービスの足元にも及ばない。しかし、いずれ追いつくだろう。重要なことは、Siriはすでに生まれていて、あとは成長するだけだということだ。

 Siriは、これまで人々がキーボードやマウスやタッチパネルを用いて行ってきたコンピューターの操作を、音声で行うためのユーザーインタフェースを提供している。1972年にクエリーキーボードが誕生してから初めて、音声による操作が人々の手と視線をコンピューターから解放する。ハンズフリーでビュー(視線)フリーのコンピューティングだ。