jalopy01 1/11 ロサンゼルスから、12,500マイル離れたアルゼンチンにある両親の家まで、カロリーナとマリアーノ・ペコラ姉弟、そしてカロリーナの3人の子どもたちを乗せていった「シヴォレーK5ブレイザー(1984年)」。旅行に備えて、シートの改修やトランスミッション、ラジエーターのちょっとした修理が行われている。PHOTOGRAPH COURTESY OF CAROLINA AND MARIANO PÉCORA/FROM OFF THE ROAD/COPYRIGHT GESTALTEN 2015

jalopy02jpg 2/11 タジキスタン、ベルギー、モロッコ、ボスニア・ヘルツェゴビナといった国々を旅した「ランドローバー・ディフェンダー90」。写真は、あちこち修理されたキッチン付きハウストレイラーをモンゴルのゴビ砂漠で撮影。シベリアへ向かう道中、数日間ここに滞在した。PHOTOGRAPH COURTESY OFGARETH GRIFFITHS/FROM OFF THE ROAD/COPYRIGHT GESTALTEN 2015

jalopy03 3/11 ショーン・コリアーは、旅しながらサーフィンを楽しむという、空想から出てきたようなライフスタイルを送っている。彼の愛車「GMC G20 Vandura(1995年)」は衣食住を完備し、米西海岸をさっそうと走る。PHOTOGRAPH COURTESY OFSEAN COLLIER/FROM OFF THE ROAD/COPYRIGHT GESTALTEN 2015

jalopy04 4/11 1974年の登場以来、アップグレードをほとんどしてこなかったトヨタ「ハイラックスRN20」。大自然のなかでのアウトドアに最適だ。PHOTOGRAPH COURTESY OFJEFF EDWARDS AND ANGELA CECCARELLI/FROM OFF THE ROAD/COPYRIGHT GESTALTEN 2015

jalopy05 5/11 「『メルセデス・ベンツW123』を維持する秘訣はその33歳になるエンジンをケアすること」と語るのは、このクルマの所有者であるユルゲン・ストルー。PHOTOGRAPH COURTESY OFJURGEN STROO/FROM OFF THE ROAD/COPYRIGHT GESTALTEN 2015

jalopy06 6/11 快適なログキャビンの隠れ家? いやいや、デスクやガス炊飯器、シンク、ダブルベッド、冷蔵庫が設置された LDV社「Vandog(2013年)」の内装だ。バスルーム、シャワーも完備している。PHOTOGRAPH COURTESY OFMIKE HUDSON/FROM OFF THE ROAD/COPYRIGHT GESTALTEN 2015

jalopy07 7/11 アイスランドはロードトリップ、特にバイクにフレンドリーな国ではない。このヤマハ「XT600テネレ」の所有者は1,200マイルの旅のために、雪対策の荷物ラックや42L容量の荷カゴ、防水ダッフルバッグ2つ、予備燃料タンク、および十分な工具とスペアパーツを追加した。PHOTOGRAPH COURTESY OFKAI BRANSS/FROM OFF THE ROAD/COPYRIGHT GESTALTEN

jalopy08 8/11 走行距離30万マイルもの旅好きな「トヨタランドクルーザーJ6」のオーナーは、カリフォルニア州からアルゼンチンまで4年間におよぶ放浪の旅をした。防水のシートや屋上のテント、および取り外し可能な屋根に取り付けられた90ワットのソーラーパネルは間違いなく必需品だ。PHOTOGRAPH COURTESY OFLUIS GETTER/FROM OFF THE ROAD/COPYRIGHT GESTALTEN 2015

jalopy09 9/11 1年間で、47の国立公園を巡る旅。新しい「フォードF-150」で、簡単に手に入る最高の快適さとともに。PHOTOGRAPH COURTESY OFSCOTT COCHRAN/FROM OFF THE ROAD/COPYRIGHT GESTALTEN 2015

jalopy10 10/11 20万マイルもの走行距離をもつ「フォルクスワーゲン ヴァナゴン ウエストファリア(1984年)」は、さらなるロードトリップへ出かけるのに最高のパートナーには思えないかもしれない。しかし、ブレンダン H. バンクスとケリー・シーアは、長い米国滞在に改造したエンジンやトランスミッション、そして新しい排気管やサスペンション、内装に寝具やテーブルのこのおんぼろ自動車を選んだ。PHOTOGRAPH COURTESY OFVANCRAFTED/FROM OFF THE ROAD/COPYRIGHT GESTALTEN 2015

jalopy11 11/11 フランスの倉庫に15年置かれていたこの「ランドローバーディフェンダーシリーズIII」を、現在の所有者が発見。屋根やフロントバンパー、それに改造された睡眠スペース上にある燃料などを入れるためのジェリカンが欧州を巡る旅のために備えられている。PHOTOGRAPH COURTESY OFJOH’ BABYOIL/FROM OFF THE ROAD/COPYRIGHT GESTALTEN 2015


専門家たちの意見が正しければ、いつの日かクルマを運転するのは人間ではなくて、よく訓練されたロボットが行うようになるだろう。年間100万人以上が自動車事故で亡くなっていることを考えれば、これは好ましいことだ。自らハンドルを握りロードトリップに出かけることがなくなるのは、ちょっと悲しい気もするが。

しかしそんな日が来るまでは、人間は自由に運転席に座りどこでも好きな場所に出かけることができる。道路上で命を守る最善の方法は、自分で運転することだ。

ドイツの出版社・ゲシュタルテンから出された『Off the Road』で描かれているのは、冷蔵庫やBoseのサラウンド・サウンドシステム、シャワーを装備したクルマで暮らしながら、何年もかけて大陸横断している勇敢な人々たちの冒険だ。