2016 New York International Auto Show

GMは電気自動車「Chevy Bolt」(日本語版記事)によって、環境にやさしい電気自動車を大衆の手に届けようとしている。PHOTO: Abaca / 123RF

ゼネラルモーターズ(GM)は9月14日、2050年までに59カ国に展開される同社施設350カ所のエネルギー源を100パーセント再生可能エネルギーに移行する計画を発表した。

ウォルマート、ユニリーバ、アップルなど、大手企業数十社も、これまでに同様の約束をしている。

GMは以前、2020年までに同社施設が年間に使うエネルギー総消費量のうち、125メガワットを再生可能エネルギーにすると約束していた。だが、同社はこのほど、約束していたこの予定を前倒しすると発表。上海金橋の「キャデラック」組立工場に設置された30MWhのソーラーアレイが稼働したので、年内に目標を達成できるという。

GMはさらに、「22カ所の施設にソーラーアレイが設置されており、3カ所は埋立地ガスを利用、4カ所はまもなく風力発電を利用するようになる」と述べている。

GMはまた、夜は日光で電力を生成できない、風のないときには風力発電ができない、といった自然エネルギー特有の問題も、ハイブリッド車「VOLT」用に生産された電池を利用すれば解決できると述べている。同社はすでに、ミルフォード・プルービンググラウンド・データセンターでこれを実行している。

蓄電池は、太陽発電や風力発電を導入するカギと考えられており、ダイムラー(日本語版記事)や日産自動車(日本語版記事)などの企業はすでに、電気自動車用の電池を再生利用せずに別の目的に再利用する計画を明らかにしている。