Austria F1 GP Auto Racing

言わずと知れたF1チームのオーナーであり、F1マシンやスポーツカーメーカーであるマクラーレン。写真は2016年7月に行われたオーストリアGPより。PHOTO: AP / AFLO

アップルのマクラーレン・テクノロジー・グループ買収話を『ファイナンシャル・タイムズ』(FT)が報じた。

この買収の噂は7月に浮上したものだ。テック界の巨人が自動車会社を完全に買収することを視野に入れていると、その報道は伝えていた。

アップルは、こうした噂話について迫られてもコメントを出さないことで知られている。だがマクラーレンはこの報道について、米ウェブメディア『The Verge』に対して、同社は「アップルとどんな投資の可能性に関しても話し合っていない」と言って否定した。

Apple has approached British luxury automotive group McLaren about an acquisition or strategic investment –@FT scoop https://t.co/i0Y2TWr2Tl

— Tim Bradshaw (@tim) September 21, 2016

アップルの自動車開発に関する報道は、この2年間流れている。9月には『ウォール・ストリート・ジャーナル』が、アップルは2019年にクルマを発表するかもしれないと報道した。そしてこのマクラーレンとの結びつきは、その報道を後押しするもののように思える。

「Project Titan」と呼ばれるアップルの自動車プロジェクトは、新しいクルマの設計と開発を手がけるものだといわれている。最近、アップルはまた自律走行車のエキスパートをテスラやほかの自動車会社から雇っている。

だがアップルは、Project Titanについてはまだ正式に発表していない。FTの最近の報道に対して、同社は『WIRED』UK版に、噂や憶測にはコメントをしないと語った。

クルマ業界が必要とするもの

アップルがテスラや日産、トヨタと同じく電気自動車界に仲間入りすることになったとしても、それは同社にとって「自動車業界への初進出」というわけではない。2014年にはアップルは、BMWやフォード、ホンダなどのクルマで使えるiPhoneのインターフェイス「CarPlay」を発売しているからだ。

「それはまさに、クルマ業界が必要とするものです。破壊的侵入者をね」。フィアット・クライスラーのCEO、セルジオ・マルシオーネは『ブルームバーグ』にそう話している。

「それは(クルマ業界にとって)いいことです。ただ、それによって市場がディスラプトされてしまう既存の会社にとっては、必ずしも好ましいものではないかもしれませんが」