Robitのものづくりに革命を与えたというファナック製の中古大型ロボドリル。モックの造形からマイクロメートルレヴェルの加工まで万能に対応してくれる。少量生産、スピード&価格勝負というハードウェアスタートアップが超えるべき壁を、一気に壊すことができた。

2014年に創業したRobitは、最近、東京・板橋のガレージ付き物件に拠点を移した。移転のきっかけは、ファナック製の大型ロボドリルを中古で手に入れたことだった。13年前のモデルだが、ハード面とソフト面の双方において自らチューンアップすることで製品開発のスピードが大幅に上がったと、最高技術責任者の新井雅海は語る。

「3Dデータが完成したら、30分〜1時間というスピードで本物に近いプロトタイプをすぐつくれます。3Dプリンターではつくれないような製造ライン用の精密な部品を、自分たちで製造できるのもメリットです。外注するのに比べると、早く、安く仕上がります。ただ、しばらく使われていなかったようで、大量のカビが内側発生しており、掃除するのが大変でした(笑)」

mg_0386 1/10 真空成形機やサンドブラスターからロボットドリルまで、多様な製造用機械やセンサーがひしめくRobitのガレージ。

mg_0389 2/10 真空成形機やサンドブラスターからロボットドリルまで、多様な製造用機械やセンサーがひしめくRobitのガレージ。

mg_0390 3/10 真空成形機やサンドブラスターからロボットドリルまで、多様な製造用機械やセンサーがひしめくRobitのガレージ。

mg_0392 4/10 真空成形機やサンドブラスターからロボットドリルまで、多様な製造用機械やセンサーがひしめくRobitのガレージ。

mg_0366 5/10 CTOの新井雅海(写真)らは、制御プログラムも独自に開発した。

mg_0310 6/10 真空成形機やサンドブラスターからロボットドリルまで、多様な製造用機械やセンサーがひしめくRobitのガレージ。

mg_0320 7/10 真空成形機やサンドブラスターからロボットドリルまで、多様な製造用機械やセンサーがひしめくRobitのガレージ。

mg_0341 8/10 真空成形機やサンドブラスターからロボットドリルまで、多様な製造用機械やセンサーがひしめくRobitのガレージ。

mg_0381 9/10 真空成形機やサンドブラスターからロボットドリルまで、多様な製造用機械やセンサーがひしめくRobitのガレージ。

mg_0382 10/10 真空成形機やサンドブラスターからロボットドリルまで、多様な製造用機械やセンサーがひしめくRobitのガレージ。


ハードウェアヴェンチャーの場合、設計からプロトタイプの作成、製造までにいくつもハードルがある。例えばクラウドファンディングなどで資金を集められても、製造開発が間に合わず、発売延期になってしまうケースは枚挙に暇がない。その点Robitは、スマート家電ガジェット「めざましカーテン mornin’(モーニン)」を、「予定通り」2016年7月にリリースした。

mornin’は、スマートフォンでタイマー設定した時間が来ると、カーテンレール上をスライドしてカーテンを開け、自然光を浴びることで快適な起床を促すデヴァイスである。

TVや雑誌に取り上げられたほか、ユーザーの口コミによる評判が広がり、現在売り上げは順調に伸びているという。高いところに手が届きにくい高齢者や身障者が利用したり、長期不在時の防犯用という用途で活用されたりするケースもあるようだ。実際に製品を手に取ると、3,985円という価格から想像するレヴェルより、はるかにチリ(隙間)の合わせが精密なのは意外だった。

Robit代表の高橋勇貴は、まず小売価格を設定してから、精度を極限まで上げていったと明かす。

mornin’のプロトタイプ。1日もあれば自社内でモックをつくれるのがRobitの自慢だ。

「少量生産のIoTガジェットの価格は、通常1万円以上が相場です。いざ買おうと思ってもためらってしまう価格ですよね…。しかし今回開発したmornin’は、『目覚めの悪さ』という多くの人たちが抱える悩みの解消を目指す製品でしたので、当初から、ガジェット好きのみならず、一般の人にも手にとってもらいやすい価格にしようと考えていました。品質はクリアしながら、部品代はこの値段に抑え、組み立て時間はこれくらいに、と計算していったのです」

どのようにヒット商品のアイデアを思い描けたのか。それにはRobit創業のきっかけも影響している。

開発責任者の河北薫と製造責任者の平野龍一を加えた4人のファウンダーは、いずれも中央大学大学院理工学研究科の出身。高橋が核となってメンバーが集まっていった。

「きっかけは、学部時代に、1つ先輩の平野とわたしで、ビジネスコンテストに参加したことでした。商学部や経済学部の学生に混じって、理工学部の自分たちが出たらどうなるのか興味が湧きました。東京ドームに並ぶ人々を誘導するアルバイトをしていた経験から、行列を監視しつつ、並び疲れている人を映像や特典コンテンツで喜ばせるロボットのアイデアを発表したんです」(高橋)

Robit最高経営責任者の高橋勇貴。Robit 最高経営責任者。中央大学大学院理工学研究科にて、宇宙空間で使用する機械の素材や制御を研究。2014年にRobitを起業。

このアイデアが評価されたことを機に、高橋は起業を決意する。ちょうど、専門的な研究分野から、もう少し身近な問題にアプローチしていきたいとの思いが芽生え始めた時期でもあったという。

「行列を監視するロボットも、mornin’も、その問題をがんばって見つけ出したというわけではなく『自分たちが普段悩んでいる問題ってなんだろう?』という問いに、素直に向き合って生まれたアイデアでした」

ソフトウェアエンジニアである新井も、mornin’は技術ありきではなく、身近な生活体験から生まれた「自分自身が求めるプロダクト」だったと振り返る。

「自動化の文脈で製品を考えていたとき、わたしが昔から朝が弱かったことを思い出しました。早起きしたい気はあるものの、なんらかの方法で起きないとぐずぐずと惰眠をむさぼる習慣に甘んじてしまう。なんとなく『こうできたらいいのにな』と気付きつつ、妥協してそのまま続けている行動が誰にでもあるのではないか。自分の生活を改めて振り返り、そう気付けたことが開発に繋がりました」(新井)

日常をハックするプロダクトの開発は、ささやかな問題意識に基づいたアイデアがスタート地点となる。専門知識の有無に関わらず、自らの生活を振り返ることで「多くの人が共有する悩み」という鉱脈を掘り当てられる可能性が誰にでもある。

まずは素朴なアイデアを世に問う大切さを高橋は説く。

「アイデアが評価されるとメンバーが集まります。でも、ヴェンチャーでは最初のアイデアが変わっていくことも頻繁です。アイデアも大事ですが、それをブラッシュアップできるメンバーを集められるかがさらに大事。投資家の方々が重視する点もそこでした」(高橋)

転がっていくアイデアが定まり、いよいよ実現に向けて動き出した後、彼らは多くの人たちに助けられる経験をした。

「あるとき、mornin’のタイヤが付いている部分を金型から射出成形すると強度が落ち、求める品質を満たせない壁に突き当たりました。町工場の職人さんに相談すると『ガラス繊維を埋め込むと強度が上がるはず』とアドヴァイスを受け、試したらその通りでした。海外よりも日本の人件費は明らかに高いです。でも、自分たちが手に入れられない知見を持っている人が多く、見えないところを含めるとトータルでは安かった。『一緒になって最初からものづくりができるのが嬉しい』と言ってくれたのが印象的ですが、いかんせん若い人がいない。高齢化は心配ですね」(新井)

「同感です。自分たちのようなベンチャーと連携してヒット作を生み出していくのが町工場の活性化につながると思っているので、少しでも力になれればと思っているところです」(高橋)

mornin’は、「世界中の朝を元気にしていこう」という思いを込めた「Good morning! On Earth」プロジェクトの第1弾に位置付けられている。今後は寝つきを良くしたり、睡眠の質を改善したりするプロダクトの開発構想が控えているという。

チームビルディング、資金の使いどころ、アイデアをブラッシュアップさせる方法…。彼らがたどったプロセスは、日本にまだまだ足りない「ハードウェアスタートアップを成功させる」ひとつのプロトコルとして、参照すべき点が数多くありそうだ。