Congratulations to @andrea_wulf – our 2016 @InsightInvestIM #scibooks winner https://t.co/5KHVXUICfF pic.twitter.com/DeTJaMWHhG

— The Royal Society (@royalsociety) September 19, 2016

優れた科学啓蒙書に贈られる王立協会科学図書賞が、探検家で博物学者のアレクサンダー・フォン・フンボルトの伝記を著したアンドレア・ウルフに贈られることになった。

同時代の人々からは「科学界のシェイクスピア」と呼ばれたフンボルトは、ダーウィン、ワーズワース、そしてジュール・ヴェルヌといった科学者や作家に刺激を与えたと言われている。特に「自然とはすべてのものが繋がった巨大な生命体なのだ」という、その時代としては先駆的なアイデアで尊敬されていた。

しかし、ほかの誰よりも彼の名にちなんで名付けられたものが多くあるにもかかわらず、フンボルトの名は多くの人々の間では、特に英語圏では忘れられていた。

『自然の発明』(原題:The Invention of Nature)では、科学を身近で人気のあるものにした先見の明のある博学者として、ウルフはフンボルトの名声を復活させている。彼のアプローチは「アート&サイエンス」、すなわち信頼できるデータと並行して、詩、歴史、芸術、そして政治といったものを組み合わせて科学を語ることだった。

フンボルトの名が由来になったものとしては、南米を包み込む寒流のフンボルト海流、中国やニュージーランド、南アフリカの山脈、南米のペンギンの種名、ブラジルの河川、グリーンランドの氷河、北米の13の町、そして全長6フィートのイカがある。また月面には、「フンボルト海」と名付けられた玄武岩のプレートもあるほどだ。

審査員長で、この賞を過去に受賞したこともあるビル・ブライソンはこう語る。「受賞の決定的要因には、この書籍がわたしたちを最も興奮させ、わたしたちの心を最も捉えたことが挙げられると思います。『自然の発明』は、わたしたちの自然に対する現代的な理解に驚くべき影響を与えた博学者についての本なのですが、同時にスリリングな冒険譚でもあるのです」

王立協会科学図書賞の過去の受賞者には、スティーヴン・ホーキング(2002年)がいる。