dsc00160 1/5 シンギュラリティ大学は普通の人は入ることが許されない「NASAリサーチパーク」内にある。ここに「エクスポネンシャル」を求めたエグゼクティヴが世界中から集まる。

dsc00414 2/5 熱弁をふるう、ピーター・ディアマンディス。彼自身の「Moonshot」は、「人類に、健康な30年の人生を加えること」だという。

dsc00492 3/5 シンギュラリティ大学の一日は、早朝のヨガからスタート。ウェルネスが当たり前のようにプログラムの一環となっているのが印象深い。

dsc00704 4/5 テックショップにおけるSumo Boによるロボット相撲選手権。2時間でつくったロボットの対戦は大盛り上がり!

dsc00766 5/5 3Dプリンターでつくられたクルマ「Divergent3D」。クルマに限らず、大学には数々のロボットや、VRヘッドセット、3Dプリンターなど最先端のガジェットが用意されていた。


佐宗邦威︱KUNITAKE SASO
biotope代表取締役。P & G、ソニーを経て独立。大企業から老舗企業まで企業のイノヴェイション文化の創造やプロジェクトをプロデュース。著書に『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』。Exponential.jp取締役。10/19(水)に開催される「WIRED CONFERENCE 2016」に登壇し、「エクスポネンシャル」について語ってくれる。

予約は1年待ち! レイ・カーツワイルがつくった「学校」

シンギュラリティ大学という名の謎の大学は、アメリカ西海岸のNASAの敷地内に存在する。シンギュラリティという概念の提唱者レイ・カーツワイルと、X Prize財団の創設者でシリアルアントレプレナーのピーター・ディアマンディスによって創設された、インキュベイション機関兼教育機関である。

この学び舎の門をくぐるには、次の2つの方法がある。世界各国で開催されるGlobal Impact Competitions(GIC)に勝ち残り、100日間の徹底的なアクセラレーションプログラムに参加するか(定員は年間80名)、年6回開催されるエグゼクティヴプログラム(予約は1年先まで埋まっている)に参加するかである。

講義は、レイとピーターの両創設者はもちろん、AI、ロボティクス、デジタルバイオロジー、AR、VR、エネルギー、宇宙といった、今後技術的特異点をつくりうる分野の世界的な専門家と直接議論しながら、分野横断で人類の課題について考えるという内容で期間は6日間だ(毎日7時〜22時の講義内容は記事末尾にて!)。

人類の未来を10倍以上改善せよ

X Prize財団/シンギュラリティ大学の創業者ピーター・ディアマンディスの講演は、人類の視座を大きく上げるリーダーとしてのオーラが凄まじく、終了時には自然に満場のスタンディングオヴェーションが起こるほど素晴らしいものだった。彼は「ニュース報道で感じる世の中の印象とは裏腹に、あらゆるデータが『世界がよりよくなっている』ことを示しており、今後あらゆる人が、テクノロジーやリソースを使ってさらに課題解決をできる世の中になるだろう」と語り、こう続ける。

「人間はネガティヴなことを、ポジティヴなことの10倍重く受け止める傾向があるそうだが、実際100〜200年の長期グローバルトレンドで見ると、貧困の人口、死亡率、戦争の数、平均寿命、労働時間などの統計データは、すべてよい方向への変化を示している。そして、より安く、速いコンピューティングパワーに誰もがアクセスできる時代となったいま、人々が、10%改善するより10倍にする方が実は簡単であり、だからこそ、10倍以上人類をよい方向に向かわせる目標=『Moonshot』をもつことが、非常に重要である」

Moonshotとは、人類を月に向かわせたような大きな夢をもち、それを世の中に提唱し続けること。ディアマンディスは自らのMoonshotとして、人類が、より健康な人生をいまより30年間多くもてるようにすること、宇宙に存在するより豊潤な資源にアクセスできるようにすることなど、多くの課題を挙げた。そして聴衆(そのなかには多くのエグゼクティヴも含まれる)たちに対し、「あなたのMoonshotはなにか?」と、強く訴えかけた。

世界のエグゼクティヴの視座を一気に上げ、人類の課題に一緒に立ち向かっていこうというモチヴェイションを掻き立てるその姿は、紛れもなく世界のリーダーとしての凄みを感じた。そして同時に、自分もゲームを変えるべくなにかを始めなければ思った人も、少なくなかったはずだ。ぼく自身も含めて。

DSC00191

エクスポネンシャル(等比級数的)の概念を示した図。等比例的に成長は起きないため、破壊的なイノヴェイションを生むまでには、予想しなかった失望に耐えなければならない。

これがエクスポネンシャルだ!

エクスポネンシャル(等比級数的)とはつまるところ、ネットワークでつながってしまった社会の新たな法則といえる「収穫逓増の法則」が、あらゆることに適用される時代のことである。そこにおいては、初期には必ず期待以下の失望が、そしてティッピングポイントを超えたあとには想像を超えた大きな変化が訪れる。

そのような時代だからこそ実現可能な未来を、シンギュラリティ大学は生み出そうとしているのだ。具体的には、遺伝子解析や太陽光発電&蓄電のコスト激減など、エクスポネンシャルな変化が確実に予測できる領域同士を横断し、近未来において最低でも10億人レヴェルの課題を解決する起業家精神を、ここでは育んでいるのである。

実はここは、「シンギュラリティ」でも「大学」でもない。その本質は、エクスポネンシャルな世界におけるものの見方であり、課題解決の仕方なのだ、というスタンフォード大学の未来学者ポール・サッフォの言葉がとりわけ印象に残った6日間の講義であった。

エクスポネンシャルをインストールした6日間

シンギュラリティ大学のプログラムを受講し終えて改めて、それが世界最先端のイノヴェイション教育であったことを噛みしめている。その理由は、複雑系時代における思考OSを涵養したり、テクノロジーを横断する視点を強化してくれるプログラムもさることながら、エクスポネンシャルな時代において課題解決をする際に必要不可欠な、「想像し、つくり出すためのデザイン思考」と「変化し続けるセルフマネジメントとしてのウェルネス」を統合したプログラムが存在したことにある。

例えば4日目に行われた「SFによる未来ストーリープロトタイプ」というプログラムでは、人類の課題解決を考えるプロセスにおいて、課題への共感と、そこから解決のためのアイデアを導き出すアナロジー思考といったデザイン思考が用いられた。なかでも印象的だったのが、テクノロジーを用いて未来をつくり出すにあたって、SF的プロトタイプが、「非連続な未来づくり」を行う際の解として思いのほか有効だと知ることができたことだった。

あるいは、朝6時から瞑想のプログラムがあったり、食事がすべて栄養学に基づいたヴェジタリアン食であったりと、自らの心身をよい状態に保つべく、ウェルネスに意識を向けさせる趣向があったことにも驚かされた。音楽を使った瞑想といったマインドフルネスプログラムも紹介され、エグゼクティヴたちが、「飛行機でやるといいね!」と盛り上がっていたのが微笑ましかった。

ネットワークによって知らず知らずのうちに世界がつながっているいま、変化の兆しは少しずつ現れ、気づいたら大きく変わっているというケースは往々にして起こりうる。そしてその変化を、ひとりのリーダーシップによってつくり出すことができるのが、これからの時代である。人類の歴史をアップデートするリーダーシップを備えた人物が、今回6日間のプログラムをともに受けた同級生から生まれるかはわからないが、その人物が、エクスポネンシャルな思考の持ち主であることは間違いないはずだ。

いまなぜシンギュラリティ大学が必要なのか? 創業者たちが語る、その理念。


100日間に及ぶアクセラレーションプログラムへの登竜門!
SingularityU Japan Global Impact Challgenge(GIC)開催決定!

貧困や環境問題といったグローバルな社会的課題をAIやロボティクスなどの先端技術を使って解決するGICが、日本では初開催!優勝者は2017年6月から8月にかけてシンギュラリティ大学で開講される起業プログラム「グローバル ソリューション プログラム」の参加権が得られる。GIC開催に先立ち、2016年11月19日に「シンギュラリティ “AI, Robotics and Beyond” シンポジウム」も開催。このシンポジウムでは「WIRED Conference 2016」にも登壇するソニーコンピュータサイエンス研究所・北野宏明やPEZY Computing・齊藤元章による講演やパネルディスカッション、およびGICの開催概要の告知が予定されている。

応募期間:2016年10月〜17年2月4日(予定)
表彰式イヴェント:17年2月25日
GICファイナリストのプレゼンテーション及び優勝者の表彰セレモニー、ゲストスピーカーのキーノートスピーチを予定。
パートナーシップ:ソニー株式会社

応募サイトは10月中に開設予定。GICの概要に関してはこちらから

シンギュラリティ “AI, Robotics and Beyond” シンポジウム
日時:2016年11月19日(土)13時 – 17時30分 (会場:12時30分)
場所:ベルサール六本木
登壇者:
北野宏明|ソニーコンピュータサイエンス研究所 代表取締役社長 
齊藤元章|株式会社PEZY Computing 代表取締役社長 
高橋恒一|理化学研究所 生命システム研究センター 
ジョバン・レボレド|シンギュラリティ大学 日本アンバサダー 

シンポジウムの詳細はこちらから


世界を変えるための濃密な授業の数々!
シンギュラリティ大学・エグゼクティヴプログラム

DAY 1
初日は同大学の基本概念であるエクスポネンシャルの概念を中心に、未来創造のための3つの基本ツールキットの紹介に費やされた。

・エクスポネンシャル世界とは?
Chipp Norcross|シンギュラリティ大学VP

・未来の見方
Paul Saffo|未来学者/スタンフォード大学教授

・等比級数的成長をデザインする4DXフレームワーク
Chris Cowart|元IDEOデザイナー

・善く生きる方法
Elie Calhoun|ヨガ・瞑想インストラクター

DAY 2
Exponential Technologiesシリーズが始動。「ムーアの法則」を筆頭に、AI、ロボティクス、ビットコインなどの議題に触れる日。

・ネットワークとコンピューティング
Brad Templeton|元グーグル自動運転チームコンサルタント

・人工知能
Neil Jacobstein|元シンギュラリティ大学プレジデント・スタンフォード大学MediaX 客員教授

・すでに現実のものとなっているロボット〜より小さく安全で、操縦できるロボット
Sarah Bergbreiter|メリーランド大学准教授

・豊潤な世界
Peter Diamandis|起業家/シンギュラリティ大学、X Prize財団創設者

・自律走行車とビットコイン
Brad Templeton|元グーグル自動運転チームコンサルタント

・デザインシンキング:シリアの難民キャンプのエスノグラフィからの課題抽出とペルソナ設定
Chris Cowart|元IDEOデザイナー

・成長し続けられる人になるための考え方
Elie Calhoun|ヨガ・瞑想インストラクター

DAY 3
DNA解析、バイオハックなどを統合したデジタルバイオロジー、脳神経科学、AR/VRなどのより身体に近いテクノロジーが扱われた。

・デジタル化される生命
Raymond McCauley|生物科学者/BioCurious共同創業者

・神経科学の未来
Divya Chander|神経科学者/スタンフォード大学

・変わりゆくリアリティ
Jody Medich|HoloLens/Leap Motionデザイナー

・マインドフルネスの科学
Elie Calhoun|ヨガ・瞑想インストラクター

・テックショップにおける
Sumo Boによるロボット相撲選手権

DAY 4
デジタルファブリケーションの最新事例、太陽光を中心にしたエネルギー技術の進化、そして、その供給源たる宇宙の技術進化の可能性。

・デジタルファブリケーションのいま
Andre Wegner|Authentise CEO

・太陽光発電の未来
Gregg Maryniak|X Prize財団理事

・無限に生まれる資源
Ramez Naam|テクノロジスト/SF作家

・未来の薬の姿
Daniel Kraft|シンギュラリティ大学メディシントラックリーダー

・エクスポネンシャル時代の宇宙飛行
Gregg Maryniak|X Prize財団理事

・未来年表づくり
Kathryn Myronuk|シンギュラリティ大学

・SFによる未来ストーリープロトタイプ
Chris Cowart|元IDEOデザイナー

・瞑想をハックせよ
Elie Calhoun|ヨガ・瞑想インストラクター

DAY 5
テクノロジーのダークサイド、サイバー犯罪等にも焦点を当てながら、エクスポネンシャル時代における企業のあり方をアップデート。

・テクノロジーの進化の陰
Marc Goodman|元FBI/“Future Crimes”著者

・データが価値になる時代の過ごし方
Kent Langley|シンギュラリティ大学ビッグデータトラックリーダー

・エクスポネンシャルに伸びる組織をつくる
Kris Østergaard|Dare2 EXOコンサルタント

・ネットワーク時代の企業の役割
John Hagel III|Deloite center for the Edgeチェアマン

・エクスポネンシャルな世界における経済ルール
Amin Toufani|シンギュラリティ大学戦略ディレクター

・カーツワイルの未来トーク:シンギュラリティとは?
Ray Kurzweil|未来学者

・オープンイノヴェイションの実践
Pascal Finette|
元Google.org ポートフォリオマネージャー

DAY 6
最終日は、さまざまなテクノロジーを統合する戦略としてのシナリオプラニングや、ユーザー体験デザインなどのツールが紹介された。

・未来の変化をつくり出すために
Paul Saffo|未来学者/スタンフォード大学教授

・顧客体験デザイン
Laila Pawlak|DARE2カスタマーエクスペリエンスデザイナー

・エクスポネンシャル時代のツール
Chris Cowart|元IDEOデザイナー

・10^9の衝撃
David Roberts|連続起業家/シンギュラリティ大学VP