54012341_m

alejandro duran / 123RF

「Bloomberg」は9月30日(米国時間)、BMWが「Mini」とSUV「X3」を電気自動車(EV)にする取り組みを開始すると報じた。このニュースは、BMWの経営幹部たちが同社のEV戦略を慎重に検討しているという、9月はじめの報道に続くものだ。

BMWのハラルド・クルーガー最高経営責任者(CEO)はBloombergに対して、完全にEV化されたMiniとX3はそれぞれ、2019年と2020年までに発売される予定だと述べた。

3週間前には、MiniブランドのEV車をつくるというアイデアに、BMWの経営幹部たちが難色を示し続けているという報道があった。完全に電化されたクルマをつくるのにかかる投資費用は相当なものだが、BMWブランドのほかのクルマと比較した場合にMiniの利益率が低い、というのがその理由だ。

BMW幹部のなかにも、同社はEV分野への進出を進めるべきだと考える者はいるが、米国内での「i3」の売上げが芳しくないことを受け、ほかの幹部たちは、純粋なEVに追加投資をすることが財務的に理にかなった行為であると考えてはいなかった。

ロイター通信によると、MiniのEV版をつくるプロジェクトは、大型バッテリーを搭載できるよう、Miniのプラットフォームを完全に再設計する必要がある。また、Miniの製造工場も、新モデルに対応できるようにしていかなければならない。そのため、高くつくものになると予想されるこの方針を推進するかどうか、BMWの経営トップが決めかねていたという。

だがこうした懸念は、「パリモーターショー2016」での戦略会議のあとに投げ捨てられたようだ。クルーガーCEOはBloombergに対して、MiniのEV版もX3のEV版もどちらも、価格や走行距離の面で「競争力のある」ものになるだろうと語っている。

BMWはi3シリーズを諦めたわけではない。同社は今夏、i3のバッテリーを33kWhにアップグレードし、フル充電で約160km走行できるようにすると発表している。

BMWはEVへの投資に関して、ダイムラーのほか、フォルクスワーゲン(VW)とも競争しなくてはならないだろう。VWグループは9月28日、長距離走行可能な電気自動車「I.D.」を2020年に発売すると発表した。

VWグループは、1年前から続くディーゼル車の排ガス不正問題の影響を受け、同社が「環境にやさしい取り組み」をしていると見せたいプレッシャーにさらされてきた。

BMWなどの各自動車メーカーは、EV製造に積極的に乗り出すようにという、規制当局からの圧力も感じている。Bloombergは次のように書いている。「欧州連合(EU)は自動車メーカー各社に対して、2021年の目標に到達するため、2010年との比較で約2倍の燃費向上を求めている。これは、BMWにとっては大きな試練だ。同社は高級車のラインナップを強化して、自動運転技術への投資回収の足しにしようともしている」