最近では、ほぼどんなものでもクラウドファンディングができるようだ。あるマーケターが、「Harambe Live」というイヴェントのKickstarterキャンペーンを立ち上げた。

ハランベ(Harambe)とは、オハイオ州シンシナティ動物園にいたオスのゴリラ(シルヴァーバック)で、2016年5月、3歳の子どもがハランベの柵の中に落ちた際に撃ち殺された。これを受けてインターネット上で追悼が広がり、ハランベはインターネットミームになった。

「Change.org」では「ハランベのための正義」という署名が始まり、「#JusticeForHarambe」と「#RIPHarambe」という2つのハッシュタグがトレンド入りした。プリンス、デヴィッド・ボウイなど、2016年に死去した人々と一緒の写真が、すぐにフォトショップでつくられた。

また、小説家のJ・K・ローリングも、ハランベはハリー・ポッター・シリーズに登場するパトローナス(守護霊)ではないと念を押すことになった。ローリング氏はツイートで、ハランベが、人間をディメンターから守ってくれる霊のひとつだという主張を否定している。

I’ve been asked to make it clear that Harambe is not a Patronus you can actually get on @pottermore. The previous RT is a joke. As you were.

― J.K. Rowling (@jk_rowling) 2016年9月22日

シンシナティ動物園は先日、スタッフや訪問者を混乱するので、ハランベに関するミームや冗談をやめるよう人々に呼びかけた。だがこれは、ミームにさらに燃料を注ぐことになった。

ヴィンセント・ディグナンは今回、非常に人気のあるハランベのインターネットミームに乗じ、「ハランベの熱狂的ファン」のためのイヴェントを開催したいというKickstarterキャンペーンを開始した。

このキャンペーンはすでに、目標額999ポンド(約13万円)のところ1,125ポンド(約15万円)を集めている。

ディグナンのKickstarterページの投稿は、2016年に起きた数々の死の衝撃を踏まえ、「2016年はきつい年だ。われわれは実にたくさんの偉大な者たちを失った」という書き出しで始まっている。

「なかでもハランベはもっとも甚大な損失のひとつであり、多くの者にとっていちばんの苦しみだ。あのローランドゴリラの生涯を称えるこのスペシャルイヴェントに参加しよう」と文章は続く。

「このイヴェントの資金が集まったら、ハランベのファンたちによる世界最大の集まりにして、ロンドンでは過去最大級の、インターネットミームが現実世界のイヴェントになったケースになるだろう。現在、われわれはそれぞれ、携帯電話やノートパソコン上で孤立してミームを体験しているだけだ。ミームをこの現実世界に持ち込むのが、わたしのミッションであり、目標だ」

キャンペーンの残りの部分は半分以上がふざけて書かれており、もし4月だったら、エイプリルフールのものと考えるところかもしれない。しかしとにかく、このキャンペーンは締切まであと18日ある現時点で、41人の支援者を集めている。