48103433_m

atic12 / 123RF

若いころニキビに悩まされた人は、白血球のテロメア(染色体の末端を保護するDNAのキャップ構造)が長い可能性がある。それは、細胞の老化が遅くなることを示唆するものだ。

『Journal of Investigative Dermatology』に9月27日付けで発表された研究結果は、皮膚科学者たちが以前から気づいていた事実をついに説明してくれるかもしれない。昔ニキビに悩まされた人は、ニキビの苦労を知らない人よりも若々しい肌を保つ傾向にあり、しわが出たり頬がこけたりすることが少ないというのは本当だろうか?

「わたしたちの研究結果は、その理由がテロメアの長さに関係している可能性を示しています。ニキビ経験者のテロメアの長さはほかの人より長く、それは細胞が老化から守られているかもしれないということを意味します」。この研究の主執筆者で、キングス・カレッジ・ロンドンの皮膚科学者シモーヌ・リベロはリリースでそう述べている。

リベロ率いる研究チームは、女性の双子1,205人のテロメアの長さを計測した。その4分の1は、過去のある時期にニキビがあったと報告している。研究者たちは、年齢、体重、身長などを考慮したうえで、過去にニキビを患った人が、より長いテロメアをもっていることを発見した。

このことは、細胞の老化が遅くなることを示唆している。なぜなら、DNAヌクレオチドの意味のない配列が繰り返される領域であるテロメアが、染色体の末端にキャップのように存在することで、遺伝子の有用な部分が劣化するのを防いでいるからだ。テロメアは時間とともに劣化し、次第に短くなって、細胞は死を迎える。

研究者たちはまた、ニキビ経験者の皮膚生検と、それに適合する年齢の、ニキビの経験がない者の皮膚生検を比較した。その結果、後者のグループは、細胞死に関わる遺伝子が活発に活動している傾向があることがわかった。この発見は、かつてニキビと闘っていた人の肌がいま輝いているのには、遺伝的要素が絡んでいるという考えと一致する。

だが大事なのは、この研究が相関関係を述べているに過ぎない、ということだ。リベロによれば、さらなる研究が必要だという。